今日の迷言・余言・禁言

「薔薇」が微妙に揺れている

「熱愛」という言葉が時々世間をにぎわす。その言葉がピタリとあてはまる人もいれば、首をかしげてしまう人もいる。この人たちの場合はどうなのだろう。もしかすると、本人たちの心さえ微妙に揺れているような…。元東京知事・猪瀬直樹氏と女優・画家の蜷川有紀さんとの“熱愛報道”である。猪瀬氏の方は43年間連れ添った最愛の妻を知事となってすぐ亡くしている。一方、蜷川さんの方も長年連れ添った夫と2年前に離婚したばかりである。つまり、一応二人とも独身だが、過去の相手との決別から間がなく、完全に心の整理が出来ているとは言えない状態にある。そういう中で出逢ったのだが、絵画に造詣の深い猪瀬氏に対して、創作のヒントを得るため知人を介して逢ったのが最初らしい。そこで猪瀬氏は蜷川さんの持っている絵画の才能にほれ込む。同時に数少ない“本当の理解者”となったのかもしれない。というのは、彼女の絵は抽象画的な要素を持ち、誰にでも共感できたり、理解できたりする作品群ではない。或る程度、芸術の素養がないと、本当に理解するのは難しい部分もある。但し感覚的に波長が合えば、理屈なしに受け入れられる要素も大きい。基本「薔薇」をモチーフとした作品ばかりだからだ。表現方法は違うが、同じモチーフで背景を埋めていくところはクリムトの絵画に似ている。そういう意味では今後“世界的に名を成していく”可能性もないではない。つまり、そういう意味でも猪瀬氏は美しい「薔薇」と「彼女」の両方にほれ込んだ可能性がある。但し、蜷川さんの方は来年5月に控えた「個展」を成功させたい一心である。そのためのアピールなら「熱愛」でもなんでも、どうぞ好きなことを書いてください、と言わんばかりの受け答えである。少なくとも、二人が「薔薇」に熱を上げていることだけは間違いがない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.