今日の迷言・余言・禁言

「肋骨20本」は“人間との胎児”だったのか

一時期「宇宙人のミイラ」として注目を集めたのが、2003年にチリで発見されたミイラ化された15㎝ほどの小さな遺体だった。その外観は頭部だけが異様に大きく、しかもやや尖っていて、肋骨が20本しかなく、手足が長く、明らかに全身のバランスを欠いていた。2013年に科学者たちが調査したが、判明したのは「数十年前の遺体であること」「人類の女性と思われること」くらいで、その詳細は不明のままだった。今回調査に乗り出したのは、スタンフォード大学の微生物&免疫学部のギャリー・ノーラン教授らのグループである。そして慎重な調査報告が発表された。それによると、ミイラは50年ほど前のもので、身長は15.5㎝、肋骨は20本、骨の状態からは4~6歳の女児なのだが、それは遺伝的に稀な“突然変異が重なった結果”で、実際には流産したか、産れて間もなく死亡した女児であると推測される、というのが彼らの調査報告であった。う~ん、今一つ歯切れが悪い。特に、稀な突然変異が重なるって、どういうことなのか。おそらく、過去の症例が見当たらない、ということだろう。そうでなければ、必ず、過去の症例を出して説明するはずだからだ。つまり、可能静的には、完全に宇宙人説が否定されたわけではなく、ひょっとしたら、人間の女性胎内から産まれていることは間違いないが、人類とは異なる“遺伝子”が組み合わされた結果としての胎児だった可能性を残すのではないだろうか。以前、宇宙人の児を妊娠したというイタリア女性がテレビで語っていた興味深い話がある。その児は、体内で成長するにつれ、激しく動き出し、結果的に予定日などより早く、異様な容姿で勝手に産まれ出てきたが悶絶しながら亡くなった…と震えながら話していた。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.