今日の迷言・余言・禁言

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査委員会が2年がかりでまとめた“聞き取り調査”に由来するもので、1947年から2017年まで70年間に及ぶ期間を網羅した50万ページに達する膨大な資料だ。この報告書で加害者として登場するのは、司教とか、大司教とか、枢機卿とか呼ばれる高位の聖職者たち300名であり、被害者として登場するのは主として少年達であるという。その数、何と1000名にも達する。インドなどでは確かにヒンズー教聖職者が少女たちを犯すという犯罪が後を絶たない。けれども、今回の話は“ヒューマニズムの国・アメリカ”のカトリック聖職者たちだ。この報告書によれば、仮に“性的虐待”が発覚しても、聖職者たちは何ら罰せられることもなく、その教会から異動を命ぜられただけであるらしい。つまり、これはペンシルバニアの報告書なのだが、もしかすると他のところへ移っても、彼らは同様な“聖行為”を行っていた可能性があるのだ。そして、ここで注目したいのは、被害者の多くが少女ではなく、少年だったという事実だ。こんなことは考えたくないが、もしかすると元々“少年愛”の強い男性達がカトリック神父という職業を求めた可能性はないのか。仮に、そうだったとするなら、その“犠牲者”となった少年たちは、何年か教会に通って、その教えに従っていくうちに“同性愛こそが神の愛に通ずる”と錯覚した可能性はないのか。そして“その愛”を普及させようと努力し始めた可能性はないのか。或いは、神に幻滅を抱いて、その後には信仰を捨て去ってしまった可能性はないのか。人間不信に陥って、誰も信じられなくなってしまった可能性はないのか。さまざまな可能性を、聖職者たちは少年の人生に与えたのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.