今日の迷言・余言・禁言

「老いの結婚」が増えていく?

エッセイストでテレビの仕事も多い阿川佐和子氏が5月9日に結婚・入籍したことを公表した。本人は63歳で初婚、お相手の方は69歳で再婚となるらしい。なんとなく、こういう組み合わせの結婚が今後増えていくかもしれないと思った。片方が初婚、片方が再婚とか再々婚とかで、双方とも50代後半以降の組み合わせカップルである。何しろ、日本人の初婚年齢が総体的に後退してきている。今や40代や50代で独身は珍しくなくなった。私が30代の頃は、30代でさえも“白い眼”で見られたものだ。そういう意味では、30代、40代で独身であっても、今は“白い眼”など向けられることなく、男女とも年齢的に焦らなくなった。今や「生涯独身」を貫いたとしても、誰もそれを“非難する”ようなことは無くなった。そういう意味では、本当に“良い国”になったものだ。加えて“長寿の国”であることが「老いの結婚」を後押しし始めている。つまり、“親の介護”を終えてから結婚する、という人たちが出て来ていることだ。さらに“sex”そのものを、煩わしく感じる人たちも多くなってきている。或る程度の年齢に達すれば、そういう煩わしさからも逃れられる。年金がどんどん減って、一人だけでは生活がままならない、という切実な問題も“シェアハウス的な結婚”を増やしそうなのだ。長い老後生活を目前にし、一人の人間として“理解し合える相手”を求めたいという願望が拍車をかけている。これら、さまざまな要因が「老いの結婚」を増やしそうな気がする。特に、阿川氏のように“あまり嫌われないタイプの人”が結婚することで「老いの結婚」が市民権を得ていくような気がするのだ。ところで、私は彼女の結婚について昨年11月にブログの中で予告している。つまり、占星学的な惑星の動きから、2017年春までに入籍・結婚しなければ“この結婚話”は流れてしまう…と。そのギリギリの春5月9日に婚姻届けが出された。天空も、二人を祝福してくれるはずだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.