今日の迷言・余言・禁言

「綾波レイ」と「窃盗」の“妖しい”接点

時々、事件の内容とその人物とが上手く結びつかないことがある。例えば「綾波レイ」の姿になると「お金を盗んでしまう」という人物の場合などだ。ちなみに「綾波レイ」というのは人気アニメ「エヴァンゲリオン」に登場する美しい女性キャラクターだ。容疑者の藤澤鉄也(37歳)は、この綾波レイの姿となって窃盗を働いていた。どうやって変身するのかというと“綾波レイのコスプレ用スーツ”が販売されているのだ。全身がピッタリ包まれる伸縮型の衣裳だ。まず一番最初に女性用のタイツを履く。次に女性用のスクール水着を着る。その上から“全身網タイツ”を着る。最後に“綾波レイ”のスーツで全身を包む。完璧だ。これで藤澤鉄也は「綾波レイ」になる。ちなみに2009年6月には「スパイダーマン」になって捕まり、2016年7月には「バニーガール」になって捕まった。共に3年の実刑を食らったが、大したものは盗んでいない。今回も10件ほどの窃盗を繰り返して捕まったのだが、その合計金額は33172円だ。あまりに少ない。だから、本当に盗みたいのかどうか若干、疑問の余地がある。コスプレしてうろうろするから、すぐに通報される。捕まりやすいのだ。だが、綾波レイになると、どうしても「お金を盗んでしまう」のだ。多くの人は、この部分が解からないという。本人も「わからない」という。けれども接点はあるのだ。「綾波レイ(厳密には「エヴァンゲリオン」)」も「スパイダーマン」も「バニーガール(正式名称は不明)」も、みんなパチンコ台の機種として存在する。特に「綾波レイ」は、彼女が出現すると9割方「大当たり」となる。そうすると当然のことながら球が出てくる。それは、やがて“お金”に換金される。つまり、綾波レイは“お金を得られる姿”なのだ。本人は無意識かもしれないが、綾波レイの姿になると、お金が得られる幻想が浮かぶようになっている。もちろん、そういう息子を持って、母親は“息子を案じながら”旅立っていくだろう。現在、余命半年の命を医者から告げられている。「綾波レイ」になっても「バニーガール」になっても、息子は息子なのだ。叶姉妹だってコスプレ好きで、みんなに称えられている。息子は、誰が何と言おうと「綾波レイ」のように可愛いのだ。


最近の記事はこちら

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.