今日の迷言・余言・禁言

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍しい占術で、或る雑誌の中で読者からの“悩み相談”に応じて解説されていたのだが、その星の語る或る種の神秘性に惹かれて、どうしてもこれを学びたいと思ってしまった。もっとも、当時はそれを学ぶ手段がない。まだ日本においては「紫微斗数」に関する書籍は一冊もなかったからだ。その後、まるで私の願いが通じたかのように入門書としての『薔薇の星占い』という書籍と『東洋占星術』という書籍とが出た。私は、これらによって紫微斗数の基礎知識を習得した。特に『東洋占星術』という書籍は、透派式の紫微斗数の技法を優しく丁寧に解説した本で、元々の古典を現代訳書としているのだが、なぜ、そのような観方、捉え方をするかと言った根本的なことが書かれてあって、大いに参考となった。ところが実際に、その教科書を使って、さまざまな人を占ってみると、どうもいま一つピンとこない。的中しないのだ。そこで、私はどんどん専門的な書籍を求めるようになった。丁度、透派が勢いを増して来ていた時で、紫微斗数に関しても次々と新たな専門書を翻訳出版していた。ただ、それらの高価な専門書を購入して占ってみても、どうも事実とは相いれない結果が多い。私は悩んだ。その後、私は西洋占星術も、四柱推命も身につけたのだが、俗にいう「星占い」として初めて習得したのは紫微斗数であった。それだけに何んとか“自分のモノ”にしたかった。私は考えた末に、いったん既存の“紫微斗数の知識や技法”を棄てて、新たな形から紫微斗数を再編できないか、と考えた。けれども、それには膨大なデータが必要だし、その頃には西洋占星術や四柱推命の方が実質的には「的中する」という確信を持ってしまっていた。そこで、紫微斗数は実質的に“放棄”する道を選んだのだ。一つには、紫微斗数が「生れ時間」不明の場合には“全く使えない”弱点を持っている。これでは実占家としては、どうしようもないのだ。日本人の場合、占い依頼者の約6割は自分の“生れ時間”を知らない。その場合には紫微斗数は手足をもがれた占術となる。私は、どんな場合でも当意即妙に判断できる占い師を目指していた。「弘法筆を選ばず」と言うではないか。“生れ時間”が不明の場合でも、判断できるような紫微斗数図を作成できないか、私は研究用として“生れ月日”だけでも紫微斗数図を作成できる方法をデータ化しようとしたが、忙しくなって止めてしまった。ほんとうは参考のため紫微斗数に関する書籍名を多数掲げようとしたが、長くなるので止めておく。ただ日本の研究者たちは台湾や香港の研究所をうのみにしすぎる。もう少し、自分自身でデータ研究をしてから実占に用いないと後悔することになるだろう。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.