今日の迷言・余言・禁言

「米朝会談」の開催地を「東京」に⁉

アメリカのトランプ大統領も北朝鮮の金正恩氏も「会談」に対して異存はないのだが、その開催地に対しては妙に神経質で臆病である。だから“敵地に乗り込む”というのはあり得ない。そこで「どこにしようか」ということで現在まで難航しているのだそうだ。だから正式な日程も未だに組めない。両方共、そんなに怖がらなくても…と私など思うのだが、イギリスで“スパイ暗殺未遂事件”が起こった後だけに、慎重になるのも解らないではない。最初に候補地として挙がったワシントン、北京、ソウル、平壌はすべて消えた。これらの地域だと、万一、会談が“不調”に終わった時、ただでは済まなくなる可能性がある。拘束されたり、暗殺されたりする可能性もないではない。アメリカ側は特に“盗聴”を嫌っている。だから平壌や北京は絶対にないのだ。米政府はスイスとか、シンガポールとか、スウェーデンとかを提案している。これらの国であれば“中立性”が保たれるし、万一の事態が生じても“身の安全”が保障される。ところが、金正恩氏は飛行機での長距離移動を嫌っていて、そういう点ではこれらの“地”は微妙なのだ。両者とも、双方の国の“中間地点”辺りを希望しているのだが、それにふさわしい国が近くにあるではないか。そう我が日本である。東京で開催すれば、どちらにとっても“中間地域”で丁度良い。まあ日本国は北朝鮮と国交がなく、しかもアメリカ寄りだから、実際にはありえないだろうが、本当はそれをやってくれると、世界中から取材陣が押し寄せ、世界中に日本が紹介され、歴史的にも“東京の名が刻まれる”ことになり「世界平和」の都市として、経済効果も満点で大いに盛り上がるだろうに…。私の勘では、金正恩氏夫人とトランプ氏夫人はきっと相性が良い。それに両夫人とも「東京」はお気に入りの街となるはずだ。安倍昭恵夫人の“居酒屋”で飲み明かすなんて最高なのだが…まあ、ありえないか。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.