今日の迷言・余言・禁言

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「パーントゥ」の祭りが行われる。特異な草を身にまとった全身泥まみれの鬼神三匹が、島中を駆け回って人々を見つけては“厄を払う”泥を塗り付けて来る。古井戸の底にたまっている泥なので汚いだけでなく強烈な臭いまでする。けれども、それこそが“厄を払う”泥なのだ。母親に抱かれた子供などは泣きながら泥を塗られる。泥の鬼神は海底から這いあがって来たので泥まみれだが、海のかなたの「福」を携えている。こういった“奇祭”は日本各地にある。有名なのは男鹿の「ナマハゲ」だ。政府は仮面姿の“異形の神々”をまとめてユネスコの「無形文化遺産」に登録しようとしているが、最近は世界各地から申請が多く、昔ほど登録基準が甘くはない。それに、こういうものは文化遺産になったから大事にすべきではなくて、実際に“効果があるかもしれない”から大切にすべきものなのだ。大昔、私は正月に獅子舞がやって来て、獅子に頭をかまれることで“その年は病気をしない”という風習に出遭った。その時、私は何歳だったのか、3歳くらいだったか、母親は強引に私の“頭”を差し出そうとした。幼い私は必死に抵抗した。食べられてしまう、と本気で思った。わんわん泣いて嫌がった。あまりの抵抗に、獅子舞の方が根負けして、次の子の方に行ってしまった。私は、もっと大泣きをした。自分の母親が、私の頭を差し出そうとしたことが悔しかったのだ。私は「愛されていないんだ」と思った。そう思うと、泣いても泣いても涙が止まらなかった。母親は困ったような顔をしていた。嫌なことは絶対に従わない“我が児”の行く末を案じていたのかもしれない。


最近の記事はこちら

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.