今日の迷言・余言・禁言

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設現場は、観光収入の方も激減していて、今後の建設費の調達に支障が出ているというのだ。そういえば、そうなのかと気付かされたが、この未完成の建築物の建設費用は“観光収入”で賄われているのだ。したがって世界中から観光客がやって来ないと成り立たない仕組みになっている。一応の“完成予定”は2026年に設定されていたのだが、予期せぬ災難のとばっちりを受けている。ただ、ここは普通の建造物ではない。れっきとした「教会」の建物なのだ。“神様の住まい”なのだ。だからこそ、ガウディ氏ならではの“奇抜な装飾”や“仕掛け”があちこちに施されている。そしてアウディ氏の“想い”を受け継いだたくさんの後進たちが建設に携わっている。現在、世界では3200万人以上が“新型コロナ”に感染し、そのうち100万人以上が亡くなっている。一時期下火となったヨーロッパでも、再び感染力を増して来ている。そういう中に在っては、実際に「サグラダファミリア教会」を観光する客が激減したのは当然である。神様も“新型コロナ”には負けそうなのだ。だからといって「マスクをつけた神様」というのは、なんとなく威厳がない。「神様って、意外と弱いんですね」と言われてしまいそうである。そういえば昨日、堀江貴文氏が何人かで飲食店を訪れ、マスク着用でなければ中に入れないということで、ひと悶着あったらしい。飲食店の場合、嫌でも食べる時や飲む時にはマスクを外す。そうであれば、客全員が無言で食べ続けるのでもない限り、来店時に“マスク”を着用していようがいまいが、実際にはあまり関係がないよう私には思われる。そういう意味では、堀江氏が疑問を抱くのは当然で、それを問いただしたとして問題があるようには思えない。マスク着用を“義務化”し過ぎるのは、いろいろな意味で問題ではないだろうか。


最近の記事はこちら

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.