今日の迷言・余言・禁言

「神を失い」「神を発見する」のが感染症

多くの人が「感染症」というものの“不気味さ”を改めて感じつつあるが、そこで同時に感じさせられているのが「宗教とは何か」「神とは何か」という永遠のテーマだ。昨日、長野市の善光寺で、触れると病や痛みが治る…とされてきた“びんずる尊者像”という彫像の“おさわり”が禁止になった。どうも“おさわり”と書くと卑猥な感じがするが、それ以外に書きようがない。とにかく、病や痛みが治る像は、病が“うつるかもしれない像”へと変わった。非力だったのだ。けれども、それは仏教だけではない。キリスト教でもイスラム教でも「神」関連の施設は、ことごとく“密集・密接”で集団感染を呼び起こしやすいということで、立ち入りが禁止されている。つまり、どの神であろうと、感染症には勝てない、ということだ。人類は早くから、このことに気付いていた。けれども、それでも“神に縋ろうとする”人々は後を絶たなかった。14世紀のヨーロッパでは人類史上最悪のペストが猛威を振るった。その時、失われた命は2000万人とも3000万人とも言われる。当時におけるヨーロッパの人口のほぼ三分の一を失ったとされている。ところが、この時期を境として、ヨーロッパでは何故か宗教的な絵画や彫像などが急速に増えて来る。或る意味では、それまでやや低下傾向にあった信仰心が急速に強まったのだ。ラファエロとか、ダビンチとか、ミケランジェロとか、誰でも知っている画家や彫刻家たちは、この時期を境に生まれたのだ。彼らは自分の好みで「神」を描いたのではない。信仰心が足りなくて、神をおろそかにして来たから「天罰」を受けたという想いが強くて、生き延びた人達には強くて、ごく自然に“神々への想い”が強まったのだ。本来であれば、ペストが流行して、どんなに熱心に信仰しても、奇跡を起こすことは出来なかったのだから、信仰心は薄れてしまいそうなものなのに、一途な人々は、決して「神」を裏切らなかった。まるで「塩対応」への片想いのように“偉大なる神”の姿がさまざまな形で描かれ、形作られたのだ。


最近の記事はこちら

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.