今日の迷言・余言・禁言

「知事たち」の体調を、なぜ心配しないのか

いつも思うことだが、マスコミというのはどうしてすぐ一方に流れようとするのだろう。最近は“安倍総理の体調”を不安視する内容の記事がやたら多い。もちろん安倍総理は疲れているに違いない。体調だって万全とは言えないだろう。けれども、今の世界情勢は“世界中のトップ”が、いずれも身体を張って頑張っている。誰が特にどうだというような状況ではない。みんな疲れているのだ。けれども、疲れているのは“国のトップ”だけではない。日本の場合で言えば、それぞれの都道府県知事たちが、みんな疲れている。昨日、久しぶりにマスクを外した東京都知事の顔貌を見たが、とても疲れている印象を受けた。確かに、連日、東京都の“コロナ感染者数”がトップニュースとして報道される。さまざまな業界がもはや“瀕死の状態”にある。初めて都知事に就任した時、誰がこのような“苦悩する知事”を連想しただろうか。けれども、それは東京都の知事だけの姿ではない。大阪もそうだし、愛知もそうだし、福岡もそうだし、沖縄もそうだし、わが北海道だってそうなのだ。北海道の鈴木知事は昨日、マスクに加えて眼帯をかけニュースに登場した。観ようによっては、顔の7割が“真っ白”になり、けが人のようにも見える。それぞれの知事が“コロナ問題”に必死なのは、経済の問題が重くのしかかりつつあるからだ。「生命」も守らなければならないが「経済」も守らなければならない。或る意味では、これまでの行政と違って、各都道府県の“違い”や“特性”が、舵取りいかんで「吉」にも「凶」にも大きく変貌する。全責任が“県知事の決断”一つに掛かっているのだ。極端な話、知事の仕事というのは、これまでなら或る程度決まっていた。自分自身は「県の顔」として動けばよい部分もあった。けれども、今回はそうではない。なにしろすべてが“未知”なのだ。誰も確かなアドバイスをできない。だから自分で考え、自分で判断するしかない。文字通り「県民の命と財産を守る仕事」そういう本来の知事としての役割を果たさなければならないのだ。みんな疲れて来たのは当たり前である。けれども、国のトップのように、その体調を気遣ってくれるマスコミはいない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.