今日の迷言・余言・禁言

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻撃する免疫細胞が加わると、7割のマウスが一週間ほどで突然死するというのだ。免疫細胞が脳の血管部分にわずかな炎症を起こさせ、通常はないはずの神経回路が出来て胃腸や心臓の不調をもたらす。日頃からストレスが生じると胃腸が病んだり、心臓に異変が起こる人は、正しく「病は気から」を証明しているような人で、既に脳内に“余分な神経回路”が出来ていて、ストレス病となっている可能性があるのだ。このような場合、いくら胃腸や心臓そのものを治療したとしても、脳内の余分な神経回路を絶たない限り、何度でも病気を繰り返すことになる。つまりは、昔から言われていた「病は気から」のことわざは真実だった、ということになる。ただ、この研究で注目すべきは、すべてのマウスが同じように反応するのではなく、ストレスを与えても、神経細胞を攻撃する免疫細胞を与えても、動じることなく健康を保つマウスが三割ほどいるということだ。科学者たちはここにはあまり注目していないが、この点はとても重要だ。確かに「病は気から」は本当なのだが、同時にストレスが続こうが、攻撃型免疫を受けようが、それらに動じず、健康でいられるマウスも存在する。おそらく人間もまったく同じであって、ストレスがそのまま病気につながる人と、ストレスがあっても病気には結びつかない人がいるのだ。そして多分、その差は「気」なのだ。過敏すぎる「気」は余分な神経回路を生じさせやすく、何事にも動じない「気」は余計な神経回路をつくらす、原初生命を維持し続ける…そう考えると「病」をつくらない体質も、気持ちの部分が大きく、むしろ「身体は身体さ」と突き放して考える「気」の強さこそ“健康”の秘訣になるのかもしれない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.