今日の迷言・余言・禁言

「男女と同じか」で争う「女と女」

精神的に「若いかどうか」を占う簡単な方法がある。まず、あなたは“50年後の未来”に興味があるだろうか。ここで「ある」と答える人は精神的に相当若い。もし、あなたが50代、60代で、50年後の未来に興味があるなら、社会の第一線で働いていることだろう。人間というのは自分に直接的な関係がなくなって来ると、あまり興味を持たないものなのだ。そういう意味では、ちょっと心配なのが、まだ30代とか40代なのに、50年後の未来には「まったく興味がない」と答える人たちだ。そういう人達の多くは、ここ数年先のことさえ茫漠としているのに、50年も先もことなど考えること自体が“無意味”であり、“どうでも良い”ことだと思っているに違いない。ただ、そういう人達でも、50年後ではあるが「家庭問題」とか「不貞問題」についてであるとすれば、多少は興味を持ってもらえるかもしれない。実は昨日、東京高裁で一つの損害賠償請求を求めた裁判の口頭弁論が始まった。そこで争われているのは、同性同士のパートナーの“不貞行為”が、男女間の内縁関係における“不貞行為”に相当するものなのかどうか、ということが一番の“争点”となっているのだ。早い話が、女同士の「愛」は、男女の「愛」と“同様に扱っても良いのか”、という問題なのだ。それで、一方は「同じ」と主張し、一方は「違う」と主張している。だから、高裁にまで持ち込まれた。この問題というのは、司法という“公的な眼”が、同性愛というものを“どういう風に捉えているか”を知る一つの指標になる。私はちょっとだけ双方ともに可哀想な気がする。なぜなら元々は一緒に暮らしていた二人なのだ。それが一方の“浮気”で別れざるを得なくなった。男女間でもそうだが、いったんこじれると「愛」は「憎しみ」に変貌する。おそらくお金の問題ではない。この二人は今後、何年間にもわたって争い続けることだろう。たとえ最高裁まで行って、最終判決が出たとしても、それで気持ち的に終わるわけではない。もしかすると、同性を愛したこと自体を悔いるようなことになるのではないだろうか。今のままのペースでいくと、同性愛カップルはどんどん増えていく。50年後には“3割近いカップル”が誕生しているかもしれない。そして、この二人の主張が、その50年後にも繰り返される⁉


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.