今日の迷言・余言・禁言

「生命を脅かす」と認定された「ピザの唾」

本人はもしかしたら「ちょっとした出来心」で行った行為であったかもしれない。携帯電話に“自撮り”してあったというから、その犯行を動画サイトに投稿しようとする目的があった可能性は高い。おそらく「俺がこうして唾を吐きかけたピザでも、美味いって食べるヤツがいるんだ」とのメッセージでも付けたかったのか。ところが、このふざけた行為が「懲役18年」を求刑される結果となる。どうして、そんなにも重い求刑をされてしまったのか、答えは簡単で「生命を脅かす危険が潜んでいる」と裁判所で認定されたからだ。近年、トルコでも“不適切投稿動画”が大はやりで、一つにはそれら全般に対して「警告」の意味も含めて、このような重刑を与えたのではないかと推測されている。それにしても、トルコでは殺人未遂でも“15年”なのに、どうして“18年”なのかというと、あとの3年は「ピザ店の財産と信用を損なった罪」が加わっているからだ。実は、この男はピザ店の宅配バイトの店員だった。その日、彼は指定されたアパートの敷地内まで着て後、持ってきたピザに唾を吐きかけた。その後、きちんとピザを宅配したのだ。男にしてみれば、唾を吐きかけたところで、どうせわかるまい、という気持ちがあったに違いない。ところが、後日、彼は捕まった。なぜ、捕まったのかというと、商品に唾を吐きかけているところを、同じアパートの住人が目撃していたからである。さらにアパート敷地内にあった監視カメラが彼の行為の一部始終を記録に留めていたからだ。証拠が残っていては、言い逃れが出来ない。通常ならもっと“軽い罪”で済むはずだったが、検察は「唾の中に万一毒物や針など含まれていれば死に至る」と主張し、18年の求刑となった。こうして「ちょっとした出来心」は、自らの人生を窮地へと追い込むことになった。もっとも、これによって、トルコにおいて“不謹慎な投稿動画”が減っているかは定かではない。


最近の記事はこちら

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.