今日の迷言・余言・禁言

「片玉」とすべき時期に来ている

昨日も事故が起きた。最近、似たような事故が連続している。つまり、痴漢の犯罪容疑を掛けられた人物が線路内を逃走し、電車にひかれて死亡したのだ。つい先日も、逃走中に“転落死”した人物がいた。確かに「痴漢」は犯罪である。けれども「死刑」に当たるような犯罪ではない。昨今、痴漢は“みんなが協力し合って捕まえよう”という風潮が根付きつつある。そのこと自体は良いことだ。但し、過去の事例から「冤罪」が多いのも“痴漢犯罪”の特徴である。混みあう場所では、時として“なんでもない人物”が犯人に仕立てられてしまう。その危険性もあるのが、この犯罪撲滅の難しいところなのだ。一度でも、その“容疑”を掛けられると、後から“違っていた”ことが証明されたとしても、それで救済されることはほとんどない。社会的に抹殺されてしまうのだ。しかも「容疑者」として警察に行ったが最後、警察では初めから「犯罪者」として取り調べられる。だから、万一、間違えられて取り押さえられてしまったなら、救われる唯一の方法は“逃走”なのだ。今回の容疑者が、実際にどうだったのかは知らない。けれども、そういう可能性もあることを念頭に置きながら、この犯罪は考えなければならない。そして、実際の犯行に“常習性”があることは、誰もが認める。そうであるなら、その“量刑”として、もっと実際に“効果的な刑罰”を導入すべき時期に来ているのではないだろうか。その一番の方法は“睾丸を抜いてしまう刑”だ。一度、犯せば“一つ”抜き、再犯すれば“もう一つ”抜く、という方法が、もっとも効果的なよう私には感じられる。自分自身で抑えきれない性衝動は、意図的に抑制してやるのが一番良いからだ。一度の犯罪で“一個だけ”男の玉を抜く。それだけで大いに性欲が抑制されるが、sex自体には支障がない。子供もできる。けれども再犯した場合は極端に性欲が抑制される日常となり、子供も出来ない身体となる。このような量刑が世間的に定着すれば、黙っていても“痴漢”や“強姦”等の性犯罪は減っていく。昔あった“宦官”にちょっと似ている。古代中国では、このようにして“女性に仕えさせる”職業が存在したのだ。そこで現代の場合、“片玉”となった「性犯罪歴者」たちは、その後、どういう職業に向かうのが良いか…私に訊かれても困る。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.