今日の迷言・余言・禁言

「熟成」を待てなかった作者&出版社

昨日も23歳で亡くなった“才能ある女性”をここで扱った。今日も又23歳で亡くなった“才能ある男性”を扱わねばならない。そこで、今日は少し観点を変えて述べていきたい。その前に、一応、“23歳の死”がどういうことからだったのかの経緯を伝えよう。彼は「恵口公生」という新人漫画家だった。23歳で昨年『少年マガジン』で連載を開始したばかりだから、われわれから考えると、まだまだ発展途上ともいうべき段階にある。けれども、おそらく本人としては「この作品でダメなら…」という気負いが強かったに違いない。「キミオアライブ」という作品で、題名がちょっと解かり辛い。作中の主人公の名前が「君生(きみお)」なので、実際には「君生アライブ」というような意味を持つタイトルなのに違いない。そして、その「君生」は作者自身の投影でもあったに違いない。なぜなら作者は「恵口公生(えぐちこうせい)」だが「公生(きみお)」とも読めるからである。そして、その主人公は、難病を克服して、小さな夢をひとつ、ひとつ叶えていくことに必死になっている。その姿を描いた作品である。連載してきていたので、その第一巻が単行本となって出版された。ところが運悪く、その発売は「緊急事態宣言」が出された時に重なった。その結果、本人の希望とは裏腹に、単行本はまったく売れなかった。その売り上げ数字によって、出版社から“連載の打ち切り”“続巻単行本の発売中止”が決定されてしまった。作者には、完全に前途が閉ざされてしまったのと同じであった。23歳の新人漫画家は、“自らの夢”を次々と実現させていく少年を描き出していたのだが、その「君生アライブ」は終わりを告げたのだ。彼が、もう少し忍耐強ければ「とりあえず今は撤退しても、また新たに挑戦していこう」と考えることが出来たに違いない。けれども、彼はいろいろと努力し挑戦して、やっと掴んだ“命綱”としての連載だったに違いない。結果として突き付けられたのは「誰もお前の漫画など期待していない」という残酷なものだった。もし出版社が、本当に彼に才能を見出していたなら、もう一度のチャンスを与えてやるべきだった。少なくとも、連載の打ち切りや、続編の発売中止は「緊急事態宣言」期間内での結果であることを考慮してやるべきだった。もちろん、人気稼業は、結果としての数字がすべてに優先する。ただ私が観るところ、題材を変えれば十分に人気を出しそうな素質は備えている。おそらく、作者自身も、そして出版社も、すぐに成果を欲した。待てなかったのだ。熟成して“たわわに実る果実”まで時間をかけ育てていこうとはしなかった。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.