今日の迷言・余言・禁言

「無言の約束」を大切にする人は大成する

本人が“正月休み”で代わりを引き受けた木梨憲武氏が、そのラジオ番組の中でカンニング竹山(隆範)氏が現在ハワイ旅行中であること、そして漫才の時の相方である中島忠幸氏の息子さんを連れての旅行であることを明かした。相方であった中島忠幸氏は2006年12月に白血病で亡くなっている。もう、それから13年になる。それなのに、この人は自分の相方の“息子”を“我が子”のように可愛がりながら今日まで来たのだ。おそらく、実子のない竹山氏にとって、相方の息子の成長は自分の子供の成長を見るような思いでいるのだろう。そして、社会人になるまでは“一緒に旅する”に違いない。彼は相方が亡くなった後も「カンニング」の“漫才名”に固執し、それを使い続けた。それはおそらく、相方がいたから成功できた、という思いが強いからに違いない。そして、相方が亡くなる時に「無言の約束」をしたからに違いない。それは「自分が奥様と息子を守り続けていく」という無言の誓いだったはずだ。実際、彼は自分の収入の一部を彼の遺族に渡し続けた。人は往々にして身近な人の“死の間際”で「誓い」をたてる。けれども、歳月は人を変える。あの時、あんなに「誓い」をたてたのに、それを守れなくなってしまった…というケースは多い。時とともに感情も“風化”し、いつの間にか“過去の誓い”も薄れていく。相手はもういないのだ。「誓い」を破ったとしても、誰からも咎められることはない。けれども、中には「無言の約束」を死ぬまで守り続ける人もいる。誰も見ていないし、誰も憶えていないし、誰からも咎められるようなことはない。けれども、それだからこそ守り続けようとする“一途な人”もいる。そういう人は仕事の面では必ず大成する。約束を破らないからだ。よく昔の人は「おてんとうさまは見ている」という表現を使ったが、それは嘘ではない。運命の女神は、そういう人をピンチから救い出すのだ。どんなに窮地に陥ったとしても、必ず何らかの手段で救い出す。特別「幸運」を授けてくれるわけではないが、ピンチに陥った時にさりげなく手を差し出すのが“運命の女神”なのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.