今日の迷言・余言・禁言

「潜在的才能」と「顕在化する才能」

私は昔から、人間の才能に関しては“二種類”あると思っている。その一つは「潜在的な才能」で、元々素質としては持っているのだが、表に出て来るかどうかわからない才能。もう一つは「顕在化している才能」で、早くから“形として”明確に表れていて、本人もそれを自覚し、周囲からも認められている才能。ほとんどの人の場合、わかりやすい「顕在化している才能」だけを“自分の才能”として自覚している。けれども、実際には、誰もが「潜在的な才能」も備えている。ただ多くの人は、それを“眠らせている”ケースが多いのだ。さて、運命学の“四柱推命式”とか“ホロスコープ”とかいうのは、実はこの「潜在的才能」を教えてくれる秘法なのだ。当たり前の話だが、四柱推命式やホロスコープで示されている“才能”は先天的なものである。そして、かなり“抽象的な暗示”である。だから、そこから正確に読み取るのは“至難の業”ではある。けれども、潜在的才能が示されていることだけは間違いがない。それを“顕在化(世の中に表す)”かどうかは、本人に掛かっている。例えば元祖「二刀流」として“世の中に出て来た”大谷翔平氏は、いま海外で不振にあえいでいる。決して“二刀流”としての才能がないのではない。それはアメリカでも、誰もが認めている。但し、肢や腕を故障してから、本来の力が十分に発揮できていない。投げる方でも苦しんでいるし、打つ方でも苦しんでいる。実は昨日、中日の大野雄大投手が5試合連続完投勝利を勝ち取った。しかも“二試合連続完封”のオマケつきである。さらに“V打点”も叩き出し、まさに、投げる方でも、打つ方でも活躍した。まるで甲子園の高校野球でよくあるような自分で投げて0点に抑え、打ってはV打点を叩き出して勝利をもたらす“投打の柱”だ。それが今季は二度目となった。まさに「二刀流」ではないか。実は私が初めて大野投手をTVで見たのは、9年前になる。その時はまだ入団2年目で1軍に上がって来たばかりであった。けれども、その投球姿を見て、私は「久々に中日の星になる選手だ」と思った。とびぬけて活躍するようになっていく選手だと直感した。ところがである。彼は私が思うほど活躍できなかった。その年が4勝3敗、翌年が10勝10敗、次が10勝8敗、11勝10敗、7勝10敗、7勝8敗……もはや限界のような低迷ぶりであった。もちろん、通常の投手なら、この程度勝っていれば一応“合格点”かもしれない。そこそこの活躍と言えるのかもしれない。けれども、彼の“潜在的な素質・能力”は、このような凡庸な数字に終わるような投手であるはずがなかった。だから私は、自分の直感が衰えたと感じたのだ。ところが、今頃になって彼は見事に潜在能力を開花させ始めた。やはり、潜在能力は「嘘」をつかない。それを開花させるのには、ある程度の“忍耐”も必要なのだった。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.