今日の迷言・余言・禁言

「深追いは禁物」という教訓?

妖しい「出会い系サイト」は、残念ながら「出逢えないサイト」が多いことは、今や暗黙の常識となりつつある。彼はおそらく、それを知らなかったのだ。「サクラ」がいることも知らなかった。ただ通常は何度かやり取りをするうちに「おかしい」と気付くものだ。ましてや“出逢えない”ことが続けば、このサイトでは無理なのかな、と気付きそうなものである。ところが、その男性は気付かなかったらしい。もしかすると、途中からは何となく感じていたが、引くに引けないような気持ちで意地になってつぎ込んだのかもしれない。結局60代のその男性は総額5000万もの大金を“出会い系サイト”につぎ込んだらしい。結果、出逢えず、彼はその運営会社に対して訴訟を起こす。通常、こういう訴訟は受け付けられないケースが多いと思うのだが、金額が金額なので裁判所側も味方したのであろう。結局、争点は、相手をしていた女性が“実在する女性”なのか、完全なサクラで“実在しない女性”なのか、という一点で争われたらしい。その結果、裁判所は、この女性が明らかに“サクラ”であり“存在しない女性”であると認定、運営会社には“賠償金”を支払うよう命じる判決を下した。この訴訟事件は、さまざまなことをわれわれに教える。まず、第一に、そんなにもの大金を「出会い系」につぎ込む人物がいるということ。その一方で、逆に、そんなにもの大金をつぎ込ませる「サクラ嬢?」がいるということ。もし、これが同一のサクラ嬢(?)だとすれば、3年間もの間、ずっとメールの相手をしていたなら、大体どれくらいの金額がつぎ込まれているか当然気付いている。良心の呵責はなかったのだろうか。仕事として“大きなカモだ”くらいに思っていたのだろうか。追いかける方も、追いかけさせる方も、あまりにさもしく、そして哀しい。当然、会社側だって、彼の存在には気付いていたはずだ。“儲けられれば、客などどうなっても良い”という意識が感じられる。近年は、女性アイドルに“大金を注ぐ”男性も多くなった。AKB48や地下アイドルの“総選挙”とか“握手会”にしても、結局は“集金システム”である。そういう商法が増えている。表立った「結婚サギ」ではないが、それに近い状態を生み出す“各種の仕事”は、今後ますます増えていきそうで怖い。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.