今日の迷言・余言・禁言

「浮世絵」Gメンは「眼」だけじゃ弱い

警視庁は東京オリンピックを前に「テロ防止」を呼びかけるポスターを作成した。浮世絵師・写楽の役者絵をモチーフとして「変だ!見逃すまい。テロ阻止!」などと書かれたポスター、チラシを作り、同時に都内200か所以上の大型モニターでも放映する。そのこと自体は大変に良いことだと私は思う。ただ、せっかく浮世絵をモチーフにするなら、もう少し一目で“それ”とわかるようなポスターにしてほしかった。“浮世絵”と言っても、実際には「眼」だけで、確かに気付くのは眼なのかもしれないが、この“眼だけ浮世絵”では、普通に歩いていて“それ”が目に留まったとしても、何のことなのか正直よくわからない。第一“浮世絵の眼”だとは、言われなければ気付かない。刑事の“鋭い眼”をポスター風に表現したものなのかと思ってしまう。せっかくなら、少なくとも浮世絵の顔全体くらいは表わさないと、浮世絵に見えない。それに、写楽にも失礼な気もする。本当は歌舞伎で“大見得を切っている姿”が「阻止する!」とストップをかける姿に符合するような気もするのだが…。それに、そういう感じのポスターの方が誰もが目に止めて、警視庁の“意気込み”も理解してくれる。特に外国人たちに注目されやすいことだろう。アイデアとして浮世絵の「眼」を使うこと自体は斬新で素晴らしいのに、外国人たちが誰もそこで一緒に写真を写そうと思わないポスターだとしたら残念である。この場合の文字は小さくて良いのだ。むしろ「なんだろう?」と近づいてきて読んでくれる方が良い。歌舞伎の姿だが胸には警視庁のマークが大きく入っているというのが、一番わかりやすい。最近のように、ドローン攻撃やサイバー攻撃やウイルス攻撃も可能な時代には、テロリストたちが“目立つ姿”や“解りやすい恰好”で歩くとは思えない。何を基準に「変だ!」と思えば良いのか、ポスターとは別に、そういう実質的な“要注意人物の特徴”も教えてくれないと、役には立たないような…。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.