今日の迷言・余言・禁言

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”してきた事件なのだ。ところが今回は二件とも“無罪”。どうしてかというと虚偽の可能性が強いからなのだ。しかも、告白したはずの本人が「身に覚えがない」と否定している。関係者のほとんどが死亡している。これでは捌きようがない。しかも、告白してきた本人は「死刑囚」である。だから、仮に今回の事件が認められ、殺人を犯していたとしても、“新たなる刑”は付け加えられない。日本の刑法によって、死刑囚に対しては、それ以外の刑を施行しないことが決まっているからだ。それなら何で裁判など開くのかと言えば、未解決の事件では当然被害者家族が居て、“真相”を知りたがっているからだ。また警察側としても、今後のために“事件の真相”を知っておくことは有意義だからだ。だが本人が否定してしまったのではどうしようもない。手紙では確かに49歳の会社社長は自らが殺し、60歳の不動産業者は部下に指示して殺したと記していたのに…。この死刑囚、実は元暴力団会長・矢野治である。だから、その可能性は十分にあるのだ。それでも、実にあっさりと「無罪」で結審した。これには理由がある。実は、彼の告白とされるものが出されたのは、死刑が確定して後なのである。したがって「刑執行の引き延ばし作戦なのではないか」というのが裁判官の観方なのだ。確かに矢野被告ももう69歳。こうやって裁判を続けていれば、そのうち黙っていても病死する可能性がある。新たな殺人事件の告白をしたのが4年前、一応の審議に4年も掛かっている。それにしても、彼は実際の裁判法廷内では「告白はすべて虚偽」で身に覚えがありません…と、その手紙内容を否定している。その部分が、私には解からない。もしかすると彼の関係者に頼まれて、誰かが告白を偽装した可能性でもあるのだろうか。いずれにしろ、実際に殺されたまま未だ犯人も解らず、どうしてなのかさえ解からない、未解決の殺人被害者が、そして時間が止まったままの家族が沢山いることを、われわれは忘れてはならない。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.