今日の迷言・余言・禁言

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”してきた事件なのだ。ところが今回は二件とも“無罪”。どうしてかというと虚偽の可能性が強いからなのだ。しかも、告白したはずの本人が「身に覚えがない」と否定している。関係者のほとんどが死亡している。これでは捌きようがない。しかも、告白してきた本人は「死刑囚」である。だから、仮に今回の事件が認められ、殺人を犯していたとしても、“新たなる刑”は付け加えられない。日本の刑法によって、死刑囚に対しては、それ以外の刑を施行しないことが決まっているからだ。それなら何で裁判など開くのかと言えば、未解決の事件では当然被害者家族が居て、“真相”を知りたがっているからだ。また警察側としても、今後のために“事件の真相”を知っておくことは有意義だからだ。だが本人が否定してしまったのではどうしようもない。手紙では確かに49歳の会社社長は自らが殺し、60歳の不動産業者は部下に指示して殺したと記していたのに…。この死刑囚、実は元暴力団会長・矢野治である。だから、その可能性は十分にあるのだ。それでも、実にあっさりと「無罪」で結審した。これには理由がある。実は、彼の告白とされるものが出されたのは、死刑が確定して後なのである。したがって「刑執行の引き延ばし作戦なのではないか」というのが裁判官の観方なのだ。確かに矢野被告ももう69歳。こうやって裁判を続けていれば、そのうち黙っていても病死する可能性がある。新たな殺人事件の告白をしたのが4年前、一応の審議に4年も掛かっている。それにしても、彼は実際の裁判法廷内では「告白はすべて虚偽」で身に覚えがありません…と、その手紙内容を否定している。その部分が、私には解からない。もしかすると彼の関係者に頼まれて、誰かが告白を偽装した可能性でもあるのだろうか。いずれにしろ、実際に殺されたまま未だ犯人も解らず、どうしてなのかさえ解からない、未解決の殺人被害者が、そして時間が止まったままの家族が沢山いることを、われわれは忘れてはならない。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.