今日の迷言・余言・禁言

「死」を招く結婚!

時々「日本は平和で良いなあ」と、改めて思うことがある。戦争に突入していなくても“怖い国”のニュースが時々飛び込んでくるからだ。パキスタンは、そういう国の代表的なところの一つだ。11月1日にも“毒殺事件”が起こった。結婚してまだ2カ月の夫婦の間に起きた悲劇だ。この“毒殺事件”が悲劇だったのは、直接関係の無い多数の人たちまで巻き込んでしまったことだ。つまり、親戚などの27人だ。そして結果的に17人が亡くなった。残り10人も重体が続いている。どうしてそんなに亡くなってしまったのかというと、毒殺されるはずだった新婚の夫が“毒入りミルク”を呑まなかったからだ。新婚の妻は“毒殺”に失敗したのだ。ところが、そのままにしておいたミルクを利用して、夫の母親が何も知らずに“ラッシー”をつくり、親戚のみんなに振舞ったのだ。さあ、大変。バタバタと昏睡状態に陥ってしまった。夫のお母さんは、結果だけからいうと、新婚の嫁が計画した“殺人”の片棒を担いでしまった…ということになる。ところで、何故、その嫁は夫を殺そうとしたのか。その夫との結婚が“死ぬほど嫌だった”からである。パキスタンでは、親の言うことは絶対で、親が決めた“縁談”は、どんなに本人が拒否しても強引に結婚させられてしまう。わが日本でも大正時代までは、そういうことが実際にあった。この嫁には前から“好きな相手”がいたのだ。その相手とは、結婚後も続いていた。そして彼から「毒殺すれば良い」と“毒”を手渡された。もちろん、嫁は夫だけを殺すつもりだったのだが、予期せぬ形で、黙っていても離婚は成立する結果となった。実は、同じパキスタンの同じ州で、昨日、一人の女性が亡くなった。先月、以前付き合っていた男性から求婚され、断ったところ、いきなりガソリンを掛けられて火をつけられ、全身やけどで入院していた20歳の女性が感染症を併発して死亡したのだ。また三カ月前には、自撮り写真をSNSで公開して賛否両論を巻き起こしていた女性が、その実兄によって絞殺された。社会のタブーに挑戦したことが“保守派の人達”から非難され、それに応じた実兄が、自らの家系のために「名誉殺人」という暴挙に出たのだ。どれもこれもがやりきれない。お前ら「プライドの塊」すぎないか…。


最近の記事はこちら

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.