今日の迷言・余言・禁言

「死」のライブ配信

誰でも“怖いもの見たさ”という部分はある。多分、だから、その仲間たちは毎夜のように“銃による競演”をライブ配信していたのだ。“銃を片手に会話する”…多分、それが何となく“かっこよく”感じられていたのだ。13歳の少年たちには…。けれども、実弾が入った銃は、いつ暴発するかわからない。自室に鍵をかけて閉じこもり、インスタグラムを使ってライブ配信する。もちろん、家族には秘密だ。仲間たちだけの秘密の世界。その夜はマラカイ・スティーヴンス君の番だった。そしておそらく、彼は電話での会話の方に気を取られていたのだ。一応お決まりの“銃口を頭に向けるスタイル”で会話していたが、一瞬、気が緩み、指が動いたのかもしれない。次の瞬間、彼は床に崩れた。銃弾の音が響き、下から母親と妹が駆け付けた。けれども、部屋には鍵が掛かっていた。なかなか開かない。本能的に危機を察知した母親は必死にドアをけ破って中に入った。そこに血塗れの息子が倒れていた。妹が瞬時に“ライブ配信”されていることを悟った。けれども、もう後の祭りだった。“死の瞬間”を見た仲間や近隣の人達が集まって来ていた。すぐ救急搬送されたが、既に死亡していた。同じジョージア州では、つい最近、同じようにインスタグラムによるライブ配信で“自らの首つり自殺”を中継した12歳の少女がいた。ITなど不得意な私には、どうやってライブ配信など出来るのかわからない。けれども、今の少年・少女たちには、それが可能なのだ。次に“銃の問題”…仲間の誰かの銃であったことは間違いがない。アメリカはどこからでも銃を手にすることが出来る。あたかも、自然なことのように「死」がライブ配信される。進化とは何だろう。死とは何だろう。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.