今日の迷言・余言・禁言

「死」のライブ配信

誰でも“怖いもの見たさ”という部分はある。多分、だから、その仲間たちは毎夜のように“銃による競演”をライブ配信していたのだ。“銃を片手に会話する”…多分、それが何となく“かっこよく”感じられていたのだ。13歳の少年たちには…。けれども、実弾が入った銃は、いつ暴発するかわからない。自室に鍵をかけて閉じこもり、インスタグラムを使ってライブ配信する。もちろん、家族には秘密だ。仲間たちだけの秘密の世界。その夜はマラカイ・スティーヴンス君の番だった。そしておそらく、彼は電話での会話の方に気を取られていたのだ。一応お決まりの“銃口を頭に向けるスタイル”で会話していたが、一瞬、気が緩み、指が動いたのかもしれない。次の瞬間、彼は床に崩れた。銃弾の音が響き、下から母親と妹が駆け付けた。けれども、部屋には鍵が掛かっていた。なかなか開かない。本能的に危機を察知した母親は必死にドアをけ破って中に入った。そこに血塗れの息子が倒れていた。妹が瞬時に“ライブ配信”されていることを悟った。けれども、もう後の祭りだった。“死の瞬間”を見た仲間や近隣の人達が集まって来ていた。すぐ救急搬送されたが、既に死亡していた。同じジョージア州では、つい最近、同じようにインスタグラムによるライブ配信で“自らの首つり自殺”を中継した12歳の少女がいた。ITなど不得意な私には、どうやってライブ配信など出来るのかわからない。けれども、今の少年・少女たちには、それが可能なのだ。次に“銃の問題”…仲間の誰かの銃であったことは間違いがない。アメリカはどこからでも銃を手にすることが出来る。あたかも、自然なことのように「死」がライブ配信される。進化とは何だろう。死とは何だろう。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.