今日の迷言・余言・禁言

「正夢」としての女児出産

7月25日、一人の未亡人が2年半前に“亡くなった夫”との子を無事出産した。“亡くなった夫”との子をどうやって出産したのかというと、亡くなった日すぐ医師に依頼し、夫の精子を“冷凍保存”してもらったからだ。なぜ、そんなことを医師に依頼したのかというと、不意の眠りの中で、夫から“女の赤ちゃんを手渡される夢”を見たからだ。ここで私は自分自身の体験を思い出す。実は私も、夢の中で“自分の娘が駆けて来て抱きつく夢”を見た。まだ初婚の妻が妊娠していなかった時の話だ。かなり判然とした夢で、何故か、その4歳くらいの活発な感じの少女が“自分の娘”だと確信した。目が覚めると現実があった。当時、結婚して1年半くらいが経ち、私は内心、私たちには子供が出来ないのではないか…と思い始めていた。それだけに、何故、夢の中で“自分の娘”と確信したのか分からなかった。ただ妻には、夢のことを話しておいた。それから、ほどなくして妻の妊娠が判った。そして女児が産れた。女児は思いのほか活発だった。あの夢は「正夢」になったのだ。そういう過去を持っている私には、このご夫婦の“奇跡”が、起こるべくして起こった話のように思える。サニーさんの夫・ウェンジャン・リュー氏はニューヨークの警察官だった。その日、彼は同僚警察官と一緒にパトカーに乗っていたのだが、その窓越しに頭部を銃弾で狙われ即死した。リュー氏はまだ32歳、数か月前にサニーさんと結婚したばかりだった。哀しみに暮れる中でうたたねをし、その夢の中で“女児を手渡された”妻は、すぐ医師に懇願し、夫の精子だけを冷凍保存してもらう道を選んだ。そして、その死から2年半経った25日、無事、女児を出産したのだった。彼女は、哀しみに暮れる中で、夫から“女児を手渡される”という、不思議な夢を見た。この後、彼女が躊躇なくとった行動が“精子の冷凍保存”であった。もちろん、医師が協力しなければ実現しない。日本で、同じようなことがあったとして、即“冷凍保存”を医師に懇願できる女性がいるだろうか。また、それに応じてくれる医師がいるだろうか。“奇跡”を実現させるために躊躇は禁物なのだ。即行動し、決して後悔しないこと、それが“奇跡を呼ぶ”秘訣なのかもしれない。


最近の記事はこちら

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

摂津市の「凡ミス」を日本中に知らしめた

“お役所仕事”というのは融通が利かないことが多いものだが、その代り「間違いはないもの」と誰もが何となく認識している。ところが、その“お役所仕事”に「凡ミス」が発生した場合、だれが責任を取るべきなのだろ…続きを読む

「メロン」と「芸人」の“怪しい価格”

物事は何でも“需要”と“供給”の関係から、その「価値」というものが定まってくる。だから多くの場合、その“価値”として表示されている価格はおおむね正しい。けれども、中には“明らかにおかしい”と感じられる…続きを読む

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.