今日の迷言・余言・禁言

「業績予想未定」も、慣れてしまえば…

“産業ロボット”の分野では世界的に名前の知られている「安川電機」が、初めて通期の業績予想、及び配当について「未定」と発表した。産業用ロボットや工作機械という分野は、景気の先行きを占ううえでの“先行指標”になるとされる分野だ。つまり、この分野の企業群に勢いのあるとき、業績予想の上振れを示すようなときには、日本の先行きが明るい時だとされている。その「安川電機」が先行きについては「未定」を打ち出した。ロボットメーカーと言えども、先が読めない、というのだ。今期は営業利益が前期比で55%の落ち込みとなっている。まあ、半分以下に下がってしまったということだ。こういう時、企業は従業員の給与を半分に減らすだろうか。普通はしない。だから、政府からの給付金の対象にならない。ほとんどの“大手企業”はそうである。少なくとも日本の企業は、従業員の生活を守ろうとする。ただ“先行指標”となる企業が、今期の見通しを示せなかったことは重要だ。日本だけに限らないが、景気の先行きが読めないということだ。大体、日本の大手企業は海外を主戦場としているので、現状のような“闇に包まれた”状態では、先行きが読めるはずもない。そうすると日本のサラリーマンの多くは不安がる。けれども、世の中には“最初から不安な人達”というのもいる。正社員ではない人達、パート・アルバイトで働いている人たち、さらにはフリーランスで働いている人たち……そう私のような“不安定な職種”の人達だ。私のような職種の場合、大体が景気の良い時だって、見通しなど示せない。常に「一寸先は闇」なのだ。そうして、そういう働きかたになって、もう何十年になるだろう。どこからも「給与」などという“安定したもの”は入ってこない。見通しなど「ゼロ」に等しい。まあ、それでも何十年も過ごして来ているのだから、人間というのは「環境に慣れる」ということが重要である。慣れてしまえば、どうということはないのだ。というか、何とかはなっていくのだ。世の中には、何でも“見通しの立たない”ことには手出しをしない人がいる。やたら、不安がる人がいる。けれども、神様は良くしたもので、ちゃんと誰でもが生活していけるよう配慮している。あまり先のことばかり心配し過ぎて“計画通り”進めようとしすぎる人の方が、途中で破綻してしまう場合が多い。大体、人間の一生は、計画通りになど絶対に進まない。計画通りに進まないからこそ、人生は素晴らしいのだ。隅から隅まで“予定表通り”なら、これほど“つまらない人生”はない。


最近の記事はこちら

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

“遊ぶ金”欲しさで、一生を棒に振る若者たち

昨日、広島県で会社役員ら5名が「給付金詐欺容疑」で逮捕された。逮捕者以外にも十数人が関わっている模様で、かなり組織的に行われた様相が出てきた。この「給付金」は、元々フリーなどで働く“個人事業主”を対象…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.