今日の迷言・余言・禁言

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。彼女は今や“世界的なスター”であって、それもアメリカのTVが「東洋の神秘」として持ち上げてきた結果による。何のことはない“片付け上手な奥さん”多分30年前までなら、そういう風にしか呼ばれなかったに違いない人物なのだ。彼女は幸運にも若くして有能な編集者が付いて『人生がときめく片付けの魔法』という本を出版した。タイトルが実に良かった。この本は売れに売れ、マスコミでも評判となった。やがて欧米でも彼女の存在が注目されるようになった。多分、一つには彼女がまだ若くて美しく長い黒髪だったからだ。もし、同じ内容の本を60代のおばさんっぽい女性が出していたらどうだったろう。少なくとも、欧米でTVに出て著名になることはなかっただろう。黒髪の人形のような顔立ちの可愛らしい女性が、部屋の中を手早く片付けていく。合理的に片づけていく。魔法をかけたように部屋を美しく変身させる。欧米人が好みそうなファンタジーなのだ。この実践していく姿をTV番組のショーとして放映したのだから、アイドルのように人気が爆発した。それは、だから本当のところ“東洋の異次元世界”として、丁度マジックの二代目の引田天功氏が欧米で喝采を浴びたのとほとんど同様な理由からだった。彼らは、黒髪美人で人形のような雰囲気を持った女性を、無条件で受け入れる。「東洋の神秘」として受け入れるのだ。極端なことを言えば、仕事そのものは“それなりに出来れば”良いのだ。こうして「東洋の神秘=こんまり」が誕生する。その演出を自ら買って出たのが、今のご主人なのだ。彼は彼女を「世界のこんまり」とすべく頑張った。だから、彼女は結婚6周年目の昨日、このご主人と結婚できたことに改めて感謝の言葉を述べている。けれども、私は心配でならない。彼女のホロスコープには金星と土星の0度一体化のアスペクトがある。これは一度は「愛が崩れ去ること」を意味する。私の経験では必ずと言っていいほど、その体験をする。ご主人でしなかった場合には、お子さんとの間で起こる。四柱命式では「梟神」が強く、子供は“我が子を食する”「フクロウの神」の作用を受ける。とにかく、愛が崩れ去ってしまわないことを願うしかない。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.