今日の迷言・余言・禁言

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって「人相家」として、発言するとか、行動するとか、出来るのだろう。世の中、そんなに「自信家」が多いのだろうか。実は、アメリカが連邦政府としては17年ぶりに「死刑」を挙行したというニュースが流れた。そこには17年ぶりに“死刑執行”された人物の写真が掲載されている。グニエル・リーという人物で、1996年に一家三人を殺害した“白人至上主義者”である。確かに“悪そうな顔”をしている。誰が観たって“悪そうな顔”なのだ。けれども、もちろん、それは第三者の主観であって、実際に日頃から「ワル」だったのかどうかは、本当のところ分からない。私は観相家だが、いま述べたのは「人相学」の方からではなくて、あくまでも“何となくの主観”、或いは“見た目の印象”からにすぎない。ここが、私の言う“本能的な人相学”で、じつはそれは単なる印象でしかない。ところが、この“本能的な人相学”のやっかいなところは、誰しもが、学ばなくても潜在的に持っていて、日常において駆使していることである。どうして人は本能的に「悪い人」だとか「善い人」だとか、決めつけられるのだろう。それは、決して人相学上のシステムを踏んでいない。謂わば“直感”にすぎない。それも、見た目だけの“直感”にすぎない。けれども、ほとんどの人達は、そこに自信を持っていて、何も学んでいないのに自信を持っていて「絶対、悪い人だって‼」などと言う。とにかく、自信家が多いのだ。しかも、それは“世界共通”で「悪い人」は、世界の果てまで「悪い人」で通用する。そういう点からすると、やっぱり、先天的に「美しく」生まれついているとか「可愛らしく」生まれついているというのは、人生上の“お得”が多い、ということになる。ところで、アメリカはなぜ忘れていた“死刑執行”を行ったのだろうか。それは、多分、彼が「白人至上主義者」だったからだ。現在、世界各地で“人種差別問題”がクローズアップされている。アメリカは「われわれは人種差別の国ではない」ということをアピールしたいのだ。もっとも、その死刑執行の方法は“薬物注射”で、アメリカなのに銃の一斉射撃で、“首が飛ぶ”という方法ではなかった。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.