今日の迷言・余言・禁言

「本当に正しいこと」は時代の後に「証明」される

人間が「人類の歴史」の中で繰り返してきたことは、古代文明の時代から現代まで、基本的にはあまり変わっていない。一見、人間の科学は進歩して、地球を征服したかのような錯覚に陥っていたが、それはあくまでも“幻想”にすぎなかった。そのことを今回の“コロナ騒動”はものの見事に証明してくれた。結局、人は“大自然”に勝てない。勝てないどころか極めて脆弱である。そして、歴史を振り返ればわかることなのに、今更のように“大自然(の中の一つの現象=感染症)”に恐怖し、慌てふためく。おそらく、私が最初(1月半ば)に「防ぎようのない自然災害」に怖れた時、ほとんどの人達は「この人は何を言っているんだろう」と思っていたに違いない。そして次に、私が最初に先行きの“日本経済の危うさ”について書いた2月にも、ほとんどの人達には意味が分からず「何を言っているんだろう」という反応であったに違いない。占い師は「先を予測する」のが仕事である。だから、多くの人たちにとって、まだ“見えないもの”を観て、“聴こえないもの”を聴いて、今の段階で「どうすべきか」アドバイスしていることが多い。少なくとも私はそうなのだ。だから、例えば私が“書く”ことの中には、多くの人たちにとって理解に苦しむようなことを書いてしまうようなこともある。例えば、私は二日前、芸人・岡村隆史氏の発言を多少、擁護するようなことを書いた。そして放送局が公式に「謝罪文を掲載するようなことだろうか」と疑問を呈した。この点に関して、誤解されている方がいるかもしれないので、改めて書く。私は、近年における「一方向の正義」を怖れるのだ。「一方向の正義」とは、一つの考え方、一つの観方、一つの生き方、一つの正しさしか「正しくない」とする捉え方のことである。それ以外は、世の中から「一掃すべきだ」という判断の仕方である。日本が最終的に太平洋戦争に突き進んだのも、この「一方向の正義」からだった。何が“正義”かは、時代の後にならなければ解からないことも多い。「それでも地球はまわっている」という言葉を残して“火あぶり”にされた人物もいるが、その当時では「まわっていない」方が“正義”だった。つまり、時代における“正義”だから“真実”だとは限らないのだ。常に「真実はどこにあるのか」という一点で、私は書く。今後も、もしかしたら世間的に観ると「おかしいのでは…」と思うようなことを書く時があるかもしれないが、私の視点は、常に同一なのだ。


最近の記事はこちら

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.