今日の迷言・余言・禁言

「有働」と「加藤」の対決が迫っている

今、フリーとなって“注目”を浴びている二人の女子アナウンサーがいる。その一人はNHKを飛び出した有働由美子アナであり、もう一人はフジテレビを飛び出した加藤綾子アナである。この二人、年齢もタイプも違うので、あまり比較をされたことはないが、ホロスコープや四柱命式では共通しているところもある。そして、今、二人とも占星学的に見ると文字通り“転機”が訪れようとしている。ここで「おやっ」と思う人がいるかもしれない。確かに、二人ともフリーになったが、それはもう過去で過ぎているではないか。違うのだ。確かにフリーとなったのは過去だが、本当の「変身」はこれから、それも“この夏”に始まるのだ。先ほども述べたように、二人には共通の星の配置があり、その惑星配置に“大きなインパクト”が表れるのが夏場だからだ。もちろん、既に有働氏はNHKの海外特番が何本か決まっているし、加藤氏は現在ドラマ出演で“新たな顔”を見せている。私が言いたいのはそれらではない。もっと根本的に変わっていくはずなのだ。もしかすると有働氏はバライティ番組のMC、加藤氏はTVドラマのヒロイン、或いは二人とも秋スタートの“新番組”で文字通りの「新しい顔」としての採用が決まるかもしれない。とにかく、これまでとは明らかに“違った顔”として登場する転機なのだ。特に加藤氏の場合、変身の度合いが大きいので「女優転向宣言」が飛び出す可能性もあり、有働氏の場合、大企業のCMが複数決まって巨富を得る可能性もある。二人の共通しているのは、組織の中で上司と上手くやっていく自信がないことと、体制批判的精神を持っていること、舞台女優的素質を持っていること、男性運が良くないこと、自立意識が強いこと、運勢の波が激しいことなどである。そして何よりも、今年の夏場から「新たなる顔」を見せるに違いないことである。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.