今日の迷言・余言・禁言

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。そういう動きとなっている。その“先行指標”となるのは、前から述べているように「ドル円相場」と「原油価格」だ。このところ、この二つの動きも、乱高下しているのが実態だ。つまり、まだ正確に未来を“読み取れていない”動きのように思える。特に、今回の騒動で、もっとも“動き”として解かり辛いのが“ドル円相場”で、最初は一気に「円高」に傾き、それからまた一気に「ドル高」に向かった。私はそれを知って、急速に日本は“回復する”可能性があると読んだ。実際、それに応じるように、日本株は一気に下降したが、妙な形で止まり、その後一気に浮上した。つまり、三分の一ほど元に戻した。ところが、その後ピタリと止まり、じわじわと下げ出している。こういう“動き”をみると、誰もが「二番底=ダブルボトム」に向かうのではないか、と不安を感じる。或る意味ではセオリー通りなのだ。現在の「ドル円相場」は、極めて読みにくい。“ドル高”から再び“円高”へと向かった時、誰もがこのまま“本格的円高”方向に進むかに思った。中には「1ドル100円を切る」と予測する人もいた。けれども、意外にも、もう一度“ドル高”方向へ修正しそうな雰囲気もある。もし、アメリカ株が完全なる“二番底”を取るなら、もう一度“ドル高”に呼び戻す可能性が強い。そうすると、どうなるのかというと、日本株は「下げそうで下げない」という形となる。そして、やはりアメリカ株よりも先に“二番底”から抜け出す。再び急浮上する。そして、三分の二まで戻ったら、今度はじわじわ時間を掛けながら戻っていく。もう一つの指標である原油価格も一時期は20ドルを切ったりした。ところが、ここにきて、急速に上昇し始めた。まあ、そうはいっても、まだ30ドル以下だが、あっという間に40ドルまでは値を戻す可能性がある。もし、そうなれば、本格的な株価上昇が期待できる。日本株の場合、通常「日経平均」というのがニュース上では用いられる。「トピックス」と呼ばれる指標もあるが、ほとんど“お飾り”である。ところが、日本株が最初に浮上した時、実は「日経平均」よりも「トピックス」の方が早く浮上しているのだ。したがって“二番底”から再浮上する時にも、最初は「トピックス」だけが“プラスになる”可能性が強い。アメリカ株も日経平均も下がり続けているのに、トピックスだけが“ちょこっとだけ上がる”、それが「日本」が“浮上していく”最初の目印となる。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.