今日の迷言・余言・禁言

「日本株」急落、あれほど警告したのに…

昨日「日本株=日経平均」は一時1000円以上下落し、終値でも974円下落した。アメリカが大きく下げたからだが、そのアメリカよりもはるかに“大きな下落率”だった。しかも、一番の問題は「円高」に歯止めが掛からないことだ。米中の“貿易戦争”が現実化し、それが“日本株急落”と、ドル円相場の“円高”と、両方を加速させている。これで年始から日本株は4000円弱下落したことになり、ドル円も10円弱高騰したことになる。一番困るのは、この両方ともに“歯止めになるもの”が見当たらないことである。こうなることを恐れて、私は今年の1月28日、《「円高」放任すれば「日本株」は急落する》を書いた。本当は年初から感じていたのだが、何も生じていないのに書くのも変なので、我慢していたのだ。その時《…その場合、ドル円相場にも歯止めが掛からなくなる。一気に円高が進んでダブルパンチを食らう可能性があるのだ》と記した。ところが、この時点では、誰ひとり「円高」に着目している相場関係者はいなかった。多くの識者たちが「円高」に着目し出したのは、2月の“株価急落”以降なのである。もっとも株価が大きく下落し始めても、日本政府や日銀は何の手立ても用いなかった。アメリカのトランプ大統領が折に触れ“貿易赤字”を繰り返し、その都度、円高方向に動くのだが、日本は“口先介入”さえもまったくしなかった。ようやく日銀副総裁が“円高けん制発言”らしきものを行った時、一時的にちょっとだけ“円安”方向に傾いた。そこで3月6日、私は《「円高」を阻止する最後のチャンス》として、今こそ“円高阻止”へ向け、政府・日銀が一体となって動くべきであると述べた。ところが、なぜか、そのあと日銀は微妙に“発言を修正”したのだ。当然、歯止めがなくなった“ドル円相場”は、輸出企業の“マイナス圏”となる為替に躊躇なく動いて行った。そう言えば「嫌な予感ほど的中する」と前にも書いた。社会の動き、世の中の動きは、私ごときには止めようもない。個人であれば、少しは“予感”や“占い上のアドバイス”も役立つのかもしれないが…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.