今日の迷言・余言・禁言

「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉

中国の故事に「人間万事塞翁が馬」というのがある。“悪いこと”が起こったかと思えば、それが“良いこと”に繋がっていき、“良いこと”が起こったかと思えば、それが“悪いこと”に繋がっていく……そういうことも多いのだから、長い人生は目前の出来事だけで「一喜一憂してはいけない」という教えだ。確かにその通りで、この格言は真実をついているのだが、そうは解かっていても、現実にはなかなかそのように対応できない。昨日、日経平均は514円高となって24839円の終値を点けた。これは1991年11月5日以来29年ぶりの“高値”に当たる。10月迄、日本の株価はぐだぐだと低迷し続けていた。前にもここで書いたが、ニューヨークが“大きく値上がり”するときは上がらず、下げる時だけ“右習え”をする。そういう日々が続いた。ところが、11月に入って事態は一変した。何の理由もなく、むくむくと上がりだしたのだ。ここ5日間の間に1862円も上がった。特に昨日は、最初から何の抵抗もなく上がった。一つには、下げを見込んでいた個人投資家たちが“いっせいに買い戻しに動いた”からだろうとも言われるが、こんなのは後付で、ほんとうのところはよく解からない。とにかく、何かが変わった。さらに、これまで“円高”方向に動いていた為替が、ここにきて急速に“ドル高”に舵を切り始めた。原油価格も一気に値上がりしている。相場の“恐怖指数”もあっという間に低下した。明らかに“何か”が変わったのだ。元々“日本株”の上値は、実質以上に抑え込まれていた。その“たが”が外れたことで一気に上昇し始める可能性が出てきた。もしも、今日も上昇して「6日続伸」で25000円を超えたら、それが“本物”になる。そういう意味では、今日の“値動き”が今後の“日本経済”にとって極めて重要なものになる。株価というのは、大体、半年先から一年先の“状況”を予知する目安となる。今の日本経済は“最悪”だが、それは今年2月3月の頃の“株価状態”をなぞっているに過ぎない。どうして、未来の状態を“株価”から予測できるのかは誰にもわからない。「神秘」としか言いようのない事実なのだ。そういう意味で、今回の“転換⁉”が本物なのか、“騙し⁉”に過ぎないものなのか、今日の値動きで判明する。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.