今日の迷言・余言・禁言

「日本文化」だけど「倭(わ)」の“文化”ではない

今更言うまでもないが「日本」という国は、大昔「倭国(わこく・ヤマト)」と呼ばれていた。それが「日本」という国名に改められたのは7世紀末のことである。したがって、おそらく1000年近くの間は「倭」としての集団だったに違いない。大まかに言えば「日本」に改めてから“1400年間”ということになる。けれども血統的に切り離されることはなく「倭」の時代も含めて「日本の歴史・文化」ということになる。そして以前にも述べたが、その「倭」の時代、倭人たちは“刺青”を入れていた。それには二つの目的があったらしく、その一つは“役職・身分”の表象として、もう一つは海に潜って魚を捕ることが多かったので、魚類たちに“異端視”“警戒”されないためであった。時代変って現代では、日本人の多くは「刺青」に対して“違和感”を持っている。それは江戸時代から日本では「刑罰」の“印”として、刺青を入れるように変わったからである。やがて、それは“ヤクザの紋章”となった。こうして日本人は「刺青」に対する拒絶反応が強くなったのだ。9月20日から11月2日まで、アジアでは初の「ラグビーワールドカップ」が日本国内で開催されている。それに関連して海外メディアが取り上げた興味深いニュースがある。それはワールドラグビー本部の方から各国に対して“異例の通達”があったというのだ。「日本の文化」を尊重するために、日本の公共プールなどでは「タトゥを隠す」ことを推奨しているというのだ。この通達を受けて、サモアのチームなどは“スキンスーツ”と呼ばれるものを着用して肌を隠すべく指示を出したらしい。その部分を海外メディアは「日本の文化」の特殊性でもあるかのよう報道している。実際に日本の温泉などでは、外国人に対し「タトゥ」が入っていることで入浴を拒否する事例も多い。日本の温泉街ホテルではその56%が「お断り」を掲示している。別府温泉街の調査では、日本人観光客で「タトゥを認める」としたのは12%に過ぎなかったという。これではホテル側が“拒否”するのも致し方がない。ただ、それが「日本文化」として海外メディアに取り上げられるのは、今一つ納得できない。大昔「ヤマトダマシイ」という言葉が流行った。なぜか「日本ダマシイ」とは言わなかった。「ヤマト」と「ニッポン」とは、どこでどう違っていったのだろうか。


最近の記事はこちら

やがて来る「大都市郊外」のオシャレ化

あらゆる時代には「その予兆」というものがある。そういう意味で注目すべき記事がアメリカから発信された。最近、アメリカでは“都市住宅の高騰化”という要素も加わって、大都会そのものではなく、大都会の郊外に位…続きを読む

「クリムトの絵」が歩いて戻った⁉

日本では「未確認の何かが飛行していた」というニュースもあるが、もっと現実的でありながら、ミステリー小説に出て来そうな話がイタリアから飛び込んできた。約23年前に盗難に遭っていた絵画が、その盗難に遭って…続きを読む

「復活」の運気を“活かせるか”が鍵

ここ数年、大塚久美子社長率いる「大塚家具」は窮地に立たされっぱなしだった。さまざまなところと提携するとか支援を受けるとかしながら、何とか生き延びている。そして、ここにきてヤマダ電機の“子会社”となるこ…続きを読む

若い女性達が「牛耳る国」が誕生した⁉

われわれ日本人は欧州について、中でも北欧の国々について、あまり知らない。ニュースが届くことが少ないからだ。例えば、フィンランドのこれまでの交通・通信相が34歳の若き女性であったことを知っていた人は少な…続きを読む

「身代わりパソコン」が体調を崩す⁉

私は12月~1月初旬くらいの間に体調を崩すことが多い。この頃になると、北海道は秋から“真冬”に変化する。12月の頭くらいまでは暖かくても、その後一気に外気が変わる。見慣れた風景も“晩秋”の落ち着いた景…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.