今日の迷言・余言・禁言

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になることを棄てて「我が児の母」になることを選択したのだ。もちろん、本人にはそういう意識はまったくと言ってよいほどないに違いない。それでも「運命」は、そういう“切り替え”を潜在意識の中で行い、そういう方向へと舵を切ったに違いないのだ。政治家・野田聖子氏のことである。昨日、久しぶりに野田氏のことがネットのニュースで取り上げられていた。長男の真輝君の血管が切れて出血しているというのだ。さまざまな疾患を抱えて産まれた真輝君は、まぎれもなく野田聖子氏の長男であるが、米国人女性の卵子提供を受けて出産した“我が児”である。それに至るまで、野田氏は14回もの不妊治療を受けている。この数はすごい。或る種の執念さえ感じさせる。その後“流産”等も経験したが、それでもあきらめなかった。そして、ついにというべきか卵子提供によって真輝君を授かったのだ。けれども、彼女は“我が児”と引き換えに、自らの子宮も摘出している。そんなにしてまで“勝ち取った命”だが、未だ現在も諸病を抱え、健康体とは言えない。私は思うのだ。結局、人間は「先天的運命」として与えられていないものを、強引に奪い取ったとして、それはそれで“幸運”を与えるものではなく“不運”と“煩悶”に苦しむものでしかない。けれども、野田氏の場合は“それ”を覚悟のうえで“奪い取って”いるので、決して後悔などは無いように見える。そういう点、彼女は“勇者”なのだ。もし、彼女がかなり早い時点で「母親」になることをあきらめていたなら、どうだっただろう。私は、彼女には「日本の母」として「総理大臣」まで登り詰める可能性が十分にあったと思う。けれども、彼女は「日本の母」になるよりも「我が児の母」になる道を選んだ。神は、彼女に対して“我が児”を与える代わりに、“日本の母”から遠ざける形を取らせた。それだけに“宝物のような命”を彼女は必死で守り抜いていく。


最近の記事はこちら

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.