今日の迷言・余言・禁言

「新元号」と「大荒れ株式」の関係⁉

今年変化するものの一つに言わずと知れた「元号」がある。この「元号」の変化が、もしかすると“とんでもない株長者”を生み出す可能性がある。実は「平成」の時代に入って、日本株は大きく下落した。底なし沼のように下落した。一時的には最高値の“四分の一”以下となっていた。ここ5年ほどでようやく最高値の半分くらいまで盛り返したが、それでもまだ半分くらいなのだ。1989年、それは「平成」と呼ばれて最初の年である。その年に日経平均は38915円の“最高値”(ちなみに昨日の日経平均の終値は19561円)を付けた。「平成」は“経済的にも絶好調”かに思われた。後になって、あれは「バブルだった」と慰めのように言い聞かせているが、それだけ経済が急成長した国であったことは間違いがない。つまり元号が「平成」へと切り替わった時、日本の経済は失速した。今年、日本の元号が新たに切り替わって以降、日本株はどう変化していくだろう。多くの人は知らないが、日本株は1950年(昭和25年)に85円の“最安値”を付けている。ただの85円だ。それくらい日本株は安かったのだ。貨幣価値が変わったとはいえ、そこから38915円まで駆け上がったのだから、日本の経済、日本の企業は“大躍進”を遂げていたことになる。それが「昭和」だったのだ。そして忘れてならないことは、その「昭和」の時代に日本の文化・芸能・文学の世界で“新しいもの”が次々と生み出されていた。経済的に豊かな時代の方が、新しい文化や芸術は花開く。世界の歴史がそれを証明している。そういう意味では「平成」は“戦争のない時代”で、その点は喜ばしいが、日本経済は失速してしまった。年末年始にかけ、世界の市場は大混乱している。極端に下げ続けたアメリカ・ダウ株は昨日“急反発”し、これを書いている時点で700ドル以上値上がりしている。おそらく、今年はアップダウンの激しい相場展開となるだろう。前にも記したが、基本的に日本株は“ドル円相場”と“原油価格”に大きく左右される。この二つの“指標”が“本来の値(1ドル=113円程度及び1バレル=60ドル~80ドルの間)”に戻らないうちは、アップダウンは繰り返される。けれども、逆に、そういう時期だから、上手に買って、上手に売れば、一気に“億万長者への道”が開かれる。私は本来、企業を“短期間で売り買いする手法”を好まないが、そういう“禁じ手”を使えば、“株長者”になれる時代が来ているのだ。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.