今日の迷言・余言・禁言

「改名」は“画数”だけ良くても…

「有吉反省会」というTV番組でミニスカポリスなどで知られるグラドル大原かおりさんが出演し、事務所に内緒で勝手に改名していたことを“反省”した。どう変えたのかというと「大原かおり」を「大原がおり」に“改名”したのだそうだ。つまり「か」を「が」に変えたのだ。その理由は姓名判断で「か」の文字が、あと二画数ふえれば“幸運な名”になれるというので考えたが見つからず、苦肉の策で「が」を思いついたということらしい。う~ん、日本の姓名学で“最も多い誤り”を、この女性タレントも犯している。まず、その前に、改名するなら芸能人なのだから一応、所属事務所は通した方が良い。それに、せっかく改名するのであれば、多くの人に「変わった!」と印象付けられる改名の方が良い。「かおり」から「がおり」に変えても、正直、言われなければ気付かない。そういう“微妙な変え方”だと、仮に変わるとしても“微妙に”しか変わらないものだということを気付いてほしい。多分、この人はご自分の“運気”を大きく変えたかったはずだ。それなら“目立たない改名”は止めた方が良い。ところが、占い師の元に“改名”を求めて来られる人の中にも、この“ちょっとだけ改名”をやりたがる人が多い。つまり、漢字の一文字だけを変更したいとか、同じ読みが出来る文字での改名をしたいとか、そういう人が多いのだ。けれども、私は基本的に、そういう改名ならしない方が良いと思う。なぜなら、それでは“根本的に変わらない”からだ。根本的に変わらなければ、運勢を“大きく変える”ことなど出来ない。運勢を“大きく変えたい”のであれば、その名前も“大きく変えなければ”意味がない。変わりようがないのだ。但し、ご自分の名前に“愛着”の在る人は、運勢が悪いからと言って、着やすく名前を変えるべきではない。そういう人の多くは、また元に戻そうとしたりするからだ。ご自分の“名前が嫌いな人”が“心機一転”で名前を変えるのは大いによろしい。そういう人はすぐに“新たな名”に馴染むことが出来るし、改名効果が表れやすい。もっとも、いつも言うことだが「改名」は画数が良ければ、それで良いというものではない。特に、強引に読ませる“当て字”を使うのはもっとも良くない。へんてこりんな文字合わせで命名している占い師が、プロにもいるが、困ったこととしか言いようがない。誰が見ても“読めない名前”に、幸運が宿るはずなどないではないか。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.