今日の迷言・余言・禁言

「抗議の自殺5人目」が出る(⁉)香港

あまり大きく報道されていないが、7月3日に一人の女性が香港で命を絶った。今もって収まらない「逃亡犯条例」改正案を巡って続いている香港市民と政府の対立。その抗議活動の証しとして28歳の女性は遺書を残して命を絶った。その遺書には「政府は私たちの訴えに応えない。無力感でうちひしがれる」と記されていた。彼女が初めてではない。同じような意図から6月15日に35歳の男性が自殺。6月29日に21歳の女性が自殺。6月30日に29歳の女性が自殺と続いているのだ。マスコミは市民に“後追いをしないよう”呼びかけている。ただ実際のところ、解決の糸口はまったく見えていない。政府も市民も引き下がる気配がない。「抗議デモ」そのものに対する取り締まりも、徐々に厳しくなっている。これに対して「中国」に条件付きで「香港」を引き渡した英国は、香港市民から“自由を奪う”のは条件違反だと中国に警告している。英国外相自らが、今のままなら英国も“奥の手を出す”とまで述べている。それに対して中国政府も黙ってはいない。もはや中国の国土なのだから「内政干渉はするな」と突き放す。双方譲らず、妥協案が見いだせずにいるのが現状なのだ。私は昔、初めて香港に行った時のことを思い出す。あれはもう30年近くも前のことになる。正直、私は香港が、あんなに都会で華やかな街だと知らなかった。何もかもが新鮮に見えた。日本の山口百恵や中森明菜のCDを売っている同じ店に、共産党・毛沢東主席のCDも売られていた。そのすぐ裏にはブランドショップのビルが乱立し、高額商品が並び、何も買えず、うろたえたのを昨日のように思い出す。あの時の香港には“勢い”があった。あれから4回ほど香港には行ったが、最初の時に受けた衝撃のようなものは感じたことがない。だんだん“埃っぽくて騒々しい街”に印象が変わった。そして、どこかのんびりとして最先端のホテル輝くマカオの方が好きになった。世界は今、さまざまな場所で“小競り合い”が続いている。民主化を叫ぶ英国だって、未だにEU離脱でもめている。日本も韓国ともめているし、アメリカや中国はあらゆる国や地域でもめている。一時期「世界平和」という言葉が文字通りちらついていたが、今や誰もが「幻想だったのか」と怪しんでいる。妥協は「世界平和」を実現するだろうか。それとも、ぶつかり合うそれぞれの主張の中で“犠牲者”は今後も増えていくのだろうか。


最近の記事はこちら

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらし…続きを読む

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.