今日の迷言・余言・禁言

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対し、いろいろと質問したい、ということだった。彼は最初に「録音しても良いか」とまず尋ねた。私は、どなたに対してもそうだが、録音を拒んだことはない。何をどういう風に公開されてもかまわない。私は、そういう点、元々“無防備な性質”である。私が占いを教えた方の中には、私の“無防備さ”にあきれて「先生、特許申請とか、転載禁止とか、波木流占いの“発見”を守らないと、利用されちゃいますよ」と親切にご忠告くださる方もいる。だが、そんなものは、どうでも良い。私は、私の占いの研究成果が、少しでも“後世”に伝わって、私の研究や発見を深化・普及させてくれる人が出てくれば良い、と思っているだけだから。さて、にしけい氏は私が予想したよりも“まともな人物”であった。もう少し“奇異”なところを持っている人物かな…と思っていたので、少しだけがっかりとした。ただ才能は十分に感じられた。同時に、迷いも感じられた。彼は、自分の“方向性”を少しだけ見失っているようにも思えた。彼の述べて来たことの中で「私は手相の“線”に名称があること自体ナンセンスだと思っているんです、名称なんてすべて無くした方が良いと思う」と述べた。手相の線の名称は、あくまでも「仮称」である。そんなことは手相の探究者なら誰でも感じる。まるでご自身だけの主張でもあるかのような言い方をされたが、昔から欧米の一部研究者は同じような主張をしている。けれども、それでは解かり辛いのだ。生命線を「A線」とか、結婚線を「F線」とか言っても、解かり辛い。伝統的名称を使ったからと言って、困ることはない。元々「名称など、在って無きモノのようなもの」と捉えておけば、その名称に惑わされることもない。無理に名前を無くして、解かり辛くする必要はない。にしけい氏はメモを見ながら、多数の質問をしてきたのだが、どういうわけか時間が余ってしまった。私が思うに、本当はもっと質問を用意していたのだが、途中で、いくつか省いていったような気がする。彼のような“真摯な研究者”がもっとたくさん出て来てほしい。そうすれば、もう少し、占い業界も活発に議論が戦わせられるのだが…。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.