今日の迷言・余言・禁言

「手相に戻るなよ」と言いたい「M-1島田秀平」

私は基本的に人に対してはあまり干渉する方ではない。けれども、こういうのは“占術界”にとってちょっと困るのだ。だから、あえて書くことにした。手相芸人・島田秀平氏が今年の「M-1グランプリ」に元コンビの赤岡典明氏と「号泣」を再結成して出場するというニュースだ。実は、私は島田秀平氏が“漫才コンビ”であるとは知らなかった。元々“ピン芸人”だと思っていたのだ。ところが実際には1996年から2008年までは「号泣」という漫才コンビで活動していたらしい。しかし、漫才コンビとしては売れなかった。だから辞めてしまおうとしていた時、和田アキ子氏の一言で、破れかぶれのように始めたのが「手相芸人」だった。いまでこそ“芸人”は何かしらの趣味を武器に“売り込み”を掛けることが当たり前になったが、当時としては珍しかった。だから島田氏が趣味としてかじっていた手相を前面に押し出し「手相芸人」の看板を掲げた時、それはTVに新鮮に映った。だから、あっという間に「手相家・島田秀平」が誕生したのだ。それまでとは違った線の名称。ユニークな線の解説。オーバーなリアクション。芸能人たちを題材としての手相講義。それらが、若い視聴者に受けた。彼が相次いで出した手相の本はベストセラーとなった。こうして「手相家・島田秀平」は時代の寵児となった。さまざまなTVに引っ張りだことなった。ところが“にわか仕込み”の手相術は意外に早く衰退が始まった。以前にも一度書いたが、島田氏の売り込みを担当していた女性が、私に対して「波木先生の占星術のアスペクト理論を島田のものとして売り出したい」という話が来た。私は驚いた。彼は「手相芸人」ではなかったのか。それに「島田のものとして売り出したい」とはどういうことか。私は「島田秀平氏が波木星龍の弟子」という形でなら、そうしても良い、という条件を付けた。結局、この話は流れた。確かに、知名度から言えば「島田秀平」は全国区であり、彼の発見などとして売り出せばあっという間に、私の“アスペクト判断法”は認知されるかもしれない。けれども、そこまでして私は自分の占星術を安売りしたくない。彼が、本業ともいうべき「漫才」で復活しようとするのは良い。けれども、もし「手相芸人」として人気復活のために「M-1」を目指すのだとしたら間違っている。「占いの世界」は“覗き見”で力を発揮できるほど、甘くはないのだ。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.