今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」増えると「訪日韓国人」増える⁉

不思議な法則があるものだ。どうしてそうなのかは誰にも答えられない。けれども間違いなく、データはそれを表わしている。だから日本人も「慰安婦像=少女像」が増えることに神経をとがらせてはいけないのかも…。何しろ「訪日韓国人」は、間違いなく慰安婦像が多くなるにつれて多くなっているのだ。このところ、それは急増しつつある。韓国では「少女像」と称しているらしいが間違いなく「慰安婦像」である。そして「慰安婦像」ということは現代的には「風俗嬢」である。国中それを建てているのだ。しかも記念写真が撮れるよう傍に座れる椅子が付いている。男女を問わず恥ずかしげもなく“風俗嬢”と一緒に映りたがる。「最終的かつ不可逆的な解決」が行われた2015年12月から慰安婦像の設置が増え始め、2019年1月の時点で112体になったと報道されている。さらに世界各地に設置しようという計画もあるらしい。不思議なのは、それと並行して「訪日韓国人」が増えてきていることだ。2018年には753万人が日本を訪れた。これは前年比で5.6%増である。2015年以降どんどん増えている。わが北海道だけでも台湾からの観光客とほぼ同数にまで増えて、一昨年統計で280万人が来てくれている。どうして中国人観光客よりも多いのだろう。韓国の外相は国連で“日本への非難”をアピールし続けているが、それなのに自国の人々が日本に来ちゃうのは、この不思議な法則のせいだとしか思えない。問題は姉妹都市を結んでいる各地域で、日本の秩父市、福岡市、熊本市、萩市などが韓国の都市と“姉妹都市”となっている。そのため秩父市など、本来なら市職員の“相互派遣”等を行う予定だったのだが、安全が確保できないとして見送らざるを得ない状況となっている。大阪市の場合には、サンフランシスコ市と姉妹都市だったのだが、慰安婦像の設置でそれを解消した。この際だから、日本から“風俗嬢御守り”を訪日韓国人の方達には来日記念品として差し上げるというのはどうだろう。そうそう「慰安婦像」の“像”には何故か実際の衣裳が着せられている。銅像はたいていハダカなのに、慰安婦像なのに、どうして衣装を着せているのだろう。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.