今日の迷言・余言・禁言

「慰安婦像」と「朴槿恵像」が重なる

韓国の朴槿恵前大統領が収監された。独房へと入る前にしばし立ち止まり、涙を流したという。彼女が大統領になる時、誰が今日を予測したであろうか。確かに韓国の大統領というのは、呪われてでもいるかのように、その後の人生が悲惨な人たちが多い。殺害されたり、自殺したりしている人物が多いのだ。それにしても在職中に国民から指弾され、罷免され、独房に収監された。革命期のマリー・アントワネット王妃のようですらある。アントワネットの場合は、元々が“国民の声”に耳を傾けず、贅沢三昧をしていたから仕方がないともいえるが、朴槿恵大統領の場合は、その点かなり違う。或る意味で国民の声を“聴き過ぎた”ともいえる。その結果、日本を攻撃対象とし、日本の総理に対して“非礼”を重ねた。さらに世界各地に“慰安婦像”を建てた。皮肉なことには“慰安婦像”が増えるごと、韓国内は混乱し、朴槿恵大統領の政権は傾いていった。就任当初、圧倒的な支持を誇っていた政権は、いつしか吊し上げをくらい、罪人に仕立て上げられていた。私はかつて“慰安婦像”を建てることは、かつての日本軍の英霊に対し“唾を吐きかけている”ような行為で、恨みを買うことになるだろうと警告した。けれども、その後も“慰安婦像”は撤去されず、増え続けた。結局、英霊たちの“恨み”を買った結果、罪人としての生活を送る羽目になったのだ。日本に対して“過去の反省を促そうとした人物”は、今、自らの過去の反省を促さねばならない立場に追い込まれている。それも、もとをただせば“国民の声”を聴き過ぎたが故のことなのだ。今日、インターネットの普及は、大衆の多くが、今、何を求めているか容易にわからせる。けれども、大衆の多くの声が、常に正しいとは限らないのだ。


最近の記事はこちら

「聞き流す」ということが“出来る人”“出来ない人”

こういう事件が起こるといつも思う。人の性格は、それこそ死ななきゃ変わらない。だけど何年も、何十年も、同じことで悩み苦しみ続けるくらいなら、一応、その努力だけでもすれば良いのにと…。昨日未明、大阪の岸和…続きを読む

「ヘイトクライム」で人生を棒に振る人達

近年、徐々に浸透しつつある思想の一つに「ヘイトクライム」と呼ばれるものがある。これは特定の“属性”を持つ人々や集団に対して“偏見”や“増悪”を抱いて、それが犯罪行為にまでエスカレートしていくような場合…続きを読む

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.