今日の迷言・余言・禁言

「愛のDV」は「死」まで止まらない

ここに“二つの事件”を並べることに、多少、戸惑いがあった。だが同じ日に起きた事件であるということは、或る種「同一の運命的な作用」が働いていたとも考えられる。それに、双方とも女性は「麻美」という名前だった。その一方は北海道の事件で、新冠町で同居している男女は共に酒に酔っていた。けれども、女性の方は自宅で飲んでいて、男性の方は外で飲んでいた。おそらく、このことが事件にとって重要だったのだ。41歳の男性は深夜1時過ぎに酔って自宅に戻った。そして、45歳の同居女性から激しくののしられた。男性もちょっとだけ反論したが、酔いつぶれ倒れ込むような感じで横になった。深夜1時過ぎまで帰宅を待っていた女性には“許せない姿”に映った。待ちくたびれ、酒をあおっていた。容疑者である麻美は、台所からガスバーナーを持ち出し、愛する人の頭部に向かって、その炎を向けた。最初は脅すつもりだったが「殺してやりたい」気持ちが頭をもたげた。こうして、45歳の麻美は41歳の内縁の男性を焼き殺してしまった。その少し後、東京の中野区の住宅街では、38歳のパティシエの女性が、元交際相手であった34歳のパティシエの男に自宅に侵入され、刃物でメッタ刺しに遭っていた。実は二人とも同じ師匠を持ち、そこで知り合っていた。38歳の「麻美」さんは、元の交際相手と2年半ほど付き合ったが、度重なるDVに耐え兼ね警察に相談、警察から男の方に「警告」が伝えられたが、その後も男のストーカー行為は続き、“傷害容疑”まで起こした。ただ、今年に入って男からのストーカー行為がなくなったため、一応、警察としての対応は4月に終了する形になっていた。けれども、男はあきらめてなどいなかったのだ。しかも、男の想いは“愛情”から“憎しみ”へと変化していた。彼は事件の前日、自らの店の方は閉店している。明らかに、麻美さんを殺して自分も死ぬことを決意していた。事件後すぐに自宅に戻り、7階から飛び降り自殺しているのだ。どちらの事件も、DVの“歯止めが利かなくなって”の結果である可能性が強い。最近は、警察に相談していたのに…というケースも多い。もし容疑者たちが、気持ちを切り替え、新たな出逢いを求めたなら「幸せの青い鳥」がやってきた可能性は十分にある。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.