今日の迷言・余言・禁言

「愛の説教部屋」は本当にあった⁉

大昔、TV番組のコーナーに「愛の説教部屋」というのがあった。それを真似たわけではないのだろうが、フランス在住のイスラム教徒である両親は、同じ建物内に暮らしていたキリスト教徒の男性を恋して「結婚」を希望した17歳の娘に対し、嫌がる娘を強引に説教部屋へと連れ込み、叔父や叔母も加わって、娘の全身に肋骨がひび割れるほどの暴行を加えた。さらに「罰」として髪の毛すべてを剃り上げてしまった。この一部を見ていたキリスト教徒の恋人がフランス警察に通報、少女の両親は未成年者に対する“暴行の罪”で現行犯逮捕され、裁判にかけられることが決まった。イスラム教とキリスト教とは、大昔から“仲”が悪い。一般的に言えば、どちらかが“改宗”しないと「結婚」は出来ない。けれども、イスラム教国家には“改宗”そのものを認めていない国も多い。総じてイスラム国家は男女とも“眉の濃い人”が多く「血族意識」が強い。だからキリスト教徒を恋した17歳の少女の両親にすれば、自分の家系から「異教徒」を生み出すことは我慢の出来ないことだったに違いない。叔父や叔母までもが暴行に加わっていることが、それを証明している。彼らが何故「娘の改宗」を怖れるかと言えば、自分たち“血族”にも、その子孫にも、その「罰」が下るというような考え方をするからである。基本的にイスラム教国家は現代でも“全体責任”的な考え方が主流だ。したがってイスラム教徒の家に、イスラム教徒ではない女性が嫁いでいく場合、日本女性でも「改宗」を求められる。一日五回の礼拝を求められる。国や地域によっては、肌の露出を禁じられるし、他人に顔を見せることさえも禁じられる。「眼」だけは露出して良いので、総じてイスラム圏の女性達は“眼の化粧”に余念がない。普通の日本人女性がイスラム教徒の家に嫁ぐには、それ相応の覚悟が必要となるのだ。もっとも、感染症の対策として考えれば、顔を見せない外出姿は、それなりに役立っているかもしれない。確かにキリスト教国の方が感染症には弱いような…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.