今日の迷言・余言・禁言

「情熱の97%」が明かした“三つの偉業”

ビジネスの話題というのは、興味のない人にとってはナルホドで終わってしまう。だから私も積極的に取り上げることはない。けれども「人間の運命」というものを考えるうえで重要と思ったことは必ず記しておく。今回、取り上げるのはソフトバンクの孫正義社長である。彼が企業家として「巨人」であることは誰もが認めるだろう。特に“株式投資”に関心のある人たちにとって、“孫氏のソフトバンク”は“堀江氏のライブドア”や“村上氏の投資ファンド”が騒がれる以前にもっとも注目を集めた企業だった。ITバブル崩壊直前にはソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)の株価はあっという間に19万8000円まで暴騰し、誰もが眼をみはったものだ。ところがITバブル崩壊で、その株価は200分の1以下まで急落した。解かりやすく言えば、現金換算で2000万円だったものが70000円くらいまで叩き売られたのだ。誰もが、ソフトバンクは倒産するのではないかと思った。それまで孫社長を“ITバブルの寵児”として褒め称えていたマスコミは、手のひらを返したように“詐欺師”とか“大ぼら吹き”とか書くようになった。それ以降も借金比率が高く、常に“危ない企業”として綱渡り的な事業を展開してきたのが孫氏であった。その孫氏が、5月9日の決算会見では81%増の2兆3539億円の営業利益を発表した。それは前日に行われた“日本一の営業利益”を誇るトヨタ自動車の2兆4675億円に迫る勢いであった。同時に連結純利益は4期連続1兆円を突破することが確実と自信を見せた。かつて借金にあえぎ、倒産寸前とまで言われた企業は、いつの間にか毎年1兆円以上の純利益を生み出す企業に変っていたのだ。その大きな利益を生み出すもととなっているのは「ビジョンファンド」と呼ばれる“投資事業”だ。そして今の孫氏はこの投資事業に対し「私の情熱の97%」を注いでいると語っている。10兆円とも言われるその資金は、各国の投資家たちから集めたものだ。いくらソフトバンクが“金持ち企業”になったとはいっても、10兆円はひねり出せない。実は昔から、孫氏の優れている点は“投資家集め”なのである。彼はどのような人物にも“その情熱”で口説き落とす秘術を持っている。まだまだ10兆円でも不足らしく「ビジョンファンド2」の設立も宣言した。再び10兆円を集めて来るというのだ。もちろん、自分や自分の企業を応援してくれる“投資家たち”への還元も忘れない。6月27日を基準日として、ソフトバンクグループの株式を分割して、その配当金を実質2倍とする。小さな企業とか、設立間もない勢いある企業が、前年の“81%増益”“株式の2分割”“新たな投資事業”を行うことはそう珍しくない。けれども、ソフトバンクグループのような巨大企業が“81%増・株式分割・新たな投資”は滅多にない。正に“世界に誇れる偉業”なのだ。最近、世界に向けて発信できるニュースの少なくなってしまった日本企業にとって、孫氏の後を追う人物や企業は出て来るのだろうか。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.