今日の迷言・余言・禁言

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがったりする人たちもいる。昨日「ノンストップ」というTV番組でタレントのLiLiCoさんがスウェーデン在住時に老人ホームを改装した場所で3人の幽霊を見たという話や、フジテレビの6階トイレに“霊が居る”という話をしたらしい。そして「だから行かない」と…。この対応こそが、通常の霊視者の対応で、誰だって“死者だと解かる存在”を見たいと思うはずがない。私も十代の頃に見ているが、決して気持ちの良いものではない。しかも、私の場合は“落ち武者の霊”で、私目掛けて真上から襲い掛かってきた。そういう恐怖体験をしているので“霊を見たい”などという気持ちにけっしてならない。よく夏場になると「心霊スポット」とされる場所がTVや雑誌で紹介されたりする。廃墟となった病院とか、学校とか、何かの施設とかが多い。実際、俗に“呪縛霊”や“憑依霊”と呼ばれる現世に“念”や“執着”を遺したままの“霊的存在”が写り込むケースが多い。そこで多くの人達は「霊界」なるものがあって、そこで“死者たちは生活している”と捉えがちとなる。けれども、現世に“念”を遺す“霊的存在”があるから、そのまま「霊界」というものの存在が証明されているとは言い難い。その違いを把握しておくことは重要で、私自身も「霊界」なるものがあるのかないのかは死んでいないので分からない。確かに“幽体離脱”をした経験はあり、その時に自分の肉体を見て“近しい人”と感じたが、自分だとは気付かなかった。ということは、死後に“生前の近しい人たち”に実際に「逢いたい」と思うものなのかどうか、はなはだ疑問ではある。つまり、死後意識というものが仮にあったとしても、それが“現世と同じ”感覚であるという保証はないのだ。実際、心霊スポットなどの“霊的存在”の多くは自らの“死”を自覚せず、その場所や特定の人にのみ“執着”し続けているケースが多い。つまり、きちんとした「死後生活」など送ってはいないのだ。この辺のところを、誰か徹底的に“取材”してきてほしい。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.