今日の迷言・余言・禁言

「微妙日本人」が「日本の顔」になる⁉

実は私は、この問題を2018年3月14日の時点で“提起”していた。けれども、その時点ではまだ「大坂なおみ」の名は日本人のほとんどが知らず、一部のスポーツ紙のみが取り上げていた程度だった。けれども、あっという間に「大坂なおみ」はテニス界のスターとなった。テニス界のスターとなっただけでなく、日本のお茶の間では「日本人」ということでもてはやされた。もっとも、現在でもそうなのだが、彼女は「日本人」でもあり「アメリカ人」でもある。たどたどしい日本語のことを言っているのではない。実際に“二重国籍”なのだ。そうして22歳までに“どちらかの国籍”を選択しなければいけない。実は、多くの日本人ファンは彼女が“日本人選手”として東京オリンピックに出場してくれるものだと期待している。一説には彼女自身が日本選手団の「旗手をやりたい」と希望しているとまで報じている。実際に彼女がそういったかどうかは疑問だが、そうすれば確かに“世界的な注目”を浴びることは間違いがない。但し、その点はまだまだ流動的である。実は、彼女の国籍取得には“税金の話”が絡んでくる。日本とアメリカとでは“税金の比率”がまったく違うのだ。もし、日本国籍を取得することになった場合、何十億円もの税金を納めなければならなくなる。アメリカ合理主義的な考えの持ち主なら、アメリカに居住しているのにムダな税金まで納めて「日本」を選択するのは無意味なこととなる。逆に日本人的な血が濃くて“意気に感ずる”タイプなら、金額の問題ではないということになる。もちろん国家単位で考えた場合でも、日本にとって何十億という税金を支払ってくれる人物は貴重であり優遇しなければならない。もし彼女が望めば「旗手」となることを拒否することは出来ないだろう。確かに大坂なおみ選手は日本人なのだ。けれども、実際問題として「純粋な日本人」と言えるのかどうか微妙でもある。まず“外見的微妙さ”。オリンピックのような「国」同士の闘いで日本選手団の旗手を“国籍”を完全取得したばかりの人物が務めて良いのか、という問題。彼女の場合、日本語も正直“怪しい”。日本で育っていない。ところが彼女以外にも、今回の東京オリンピックでは“純日本人ではない”人達が多い。そういう人達が多数「日本人選手」として登場する。けれども、これは日本に限った問題でもない。近年、急速に各国で「ハーフ選手」「帰化選手」が増えており、国同士の競い合いという部分が微妙になっている。それなのに「国」同士の衝突は“激化”する一方で、オリンピックが掲げていた元々の精神は見事に失われつつある。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.