今日の迷言・余言・禁言

「年収」よりも「相性」と「タイミング」

世の中にはいろいろな仕事がある。「恋愛婚活コンサルタント」という仕事があるらしい。いつから出来たのだろう。その看板を出している菊乃氏による「年収400万円は低いと断言する年収200万円女性の闇」という長いタイトルのコラムが大変に興味深かった。彼女のもとにやって来る“婚活女性”たちの問題点を指摘しているコラムだったが、確かに…と同調する部分も多くあった。特に年収200万の女性達が、年収1000万の男性を求めて婚活しがちであることに関しては、コンサルタントでなくても「難しいだろう」と予測できる。何しろ年収1000万円の男性自体が少ない。時々TVや雑誌に出て来るそういう男性がどこにでも“ごろごろいる”と思うこと自体が間違っている。仮に若くして1000万を得ていても独身とは限らないし、ましてや“婚活している”とは限らない。結婚はしていなくても、恋人はいるとか、女性に不自由していないというケースも多い。そうなると年収1000万で“婚活している”という男性がどのくらいの比率になるか、解かりそうなものである。高収入男性を望む女性の多くは「良い子」で育っていると彼女は言う。両親が望むような相手との結婚を望みがちだというのだ。現代の新婚カップルの多くは、結婚後も共働きを続ける。けれども、そういう女性達の多くは、母親が望むような「結婚して家庭に入り専業主婦となる」そういう結婚を理想としているらしい。つまり、母親時代の“理想的な結婚”を娘の自分も引き継いで考えがちだというのだ。その結果、結婚が遅れて、やがては両親の“介護要員”として独身のまま過ごすようなことになりがちであるという。中々手厳しい指摘だが、確かにそういう要素はある。現代の独身男性達の平均年収が400万円である以上、その平均的な相手を求めた方が結婚には結び付きやすい。ただ「婚活」という形での出逢いの場合、或る程度は相手の“全体像”は最初から分かっているのだから、重要なのは一緒に生活していく上での“価値観”とか“趣味嗜好”とか“生活形態”なのだ。これらを総合したものが俗にいう「相性」である。この相性というのは、一瞬にして解かることもあるが、実際に生活してみないと解からない部分もある。そこで登場するのが「占いでの相性」ということになる。ところが、この「相性占い」にはいい加減なものが多い。だから、変な言い方だが“一般的な相性占い”は奨められない。それと、もう一つ大事なのが「婚機」としてのタイミングなのだ。これは決して「婚期」ではなくて「婚機」なのだ。だから、何歳でもあまり関係がない。「婚機」としてのタイミングが良ければ、必ず上手くいくし、それを外してしまうと「結婚」という形になりにくい。慎重すぎる人は、このタイミングを逃しているケースが多い。


最近の記事はこちら

中江滋樹&倉田まり子の「ターニングポイント」

人の一生には、あまり極端な変動なく過ごしていく人と、正に“激変”ともいうべき人生を歩む人と、大きく二つに分かれる。比較的“変動が少ない人”は大体共通していて、妙な表現だが“無難な人生”を歩んでいくこと…続きを読む

「変転運」を象徴する「水脈」の旅

週刊誌には時々、これは事実なのか、噂の域を出ないのか、微妙ともいえるような記事が出る。過日、どの週刊誌だったか忘れたが杉田水脈衆院議員について「政界引退説」というのが載っていた。そこには彼女の知人発言…続きを読む

「 」からの「人工ウイルス」大暴落

いよいよ手が付けられなくなってきた。私は年初から、これを心配していたのだ。ニューヨークの株式が1000ドル以上も大暴落している。もはや小手先の“緩和策”などでは、経済への大打撃を防ぎきれないと投資家た…続きを読む

「出でよ‼」個性際立つ“本屋さん”

大坂の中津に、その本屋さんはあるという。書店というより“本屋さん”という感じの古い2階建てだ。「ローカルメディア&シェア本棚 はっち」という奇妙な店名だ。社団法人ワオンプロジェクトの田中冬一郎氏が運営…続きを読む

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.