今日の迷言・余言・禁言

「年内終結」のメドが立ったコロナショック⁉

私は以前から「株価」が“時代”を先行する、と述べてきた。これは別に“私が述べた”というより“歴史的にそうなっている”ということだ。そこで“時代”の少し先を知るためには「株価の動き」を観れば良い、ということになる。もう少しだけ先を読むためには、株価の動きを予測すれば良い、ということになる。そこで、世界の“株”の中心的存在であるニューヨークの株価が重要になる。このところは連日下げ続けていて、一見すると、終わりがないように見える。けれども、よくよく“長期のグラフ”から推測すると、大体「ダウ」は18000ドル付近で“下げ止まる”ことが予測される。つまり、あと、もう少し(600ドル程度)なのだ。今日もそのくらい下がっているので、もしかしたら明日そこに到達するかもしれないし、明後日かもしれない。少なくとも、今週中には到達する、と私には観ている。そうすると、ひとまず「株価」は下げ止まり、そして一気に急上昇する。下げ方が一気なので、上昇する時にも途中までは一気なはずなのだ。さて、日本の方はどうなのかというと、これが実は既に“その兆し”が見えてきた。昨日、久しぶりに「日経平均」は300円以上も値上がりした。アメリカは“下げて”戻って来たのに、日本の株は値上がりしたのだ。なぜなのかというと、ドル円相場で“円安”となり、日本の株には有利に働いているからだ。以前、私はこのことについて指摘した。一気に“円安方向”に転換したから、日本の経済は世界に“先立って”戻っていく可能性があると…。この私の予告通りに「日経平均」が“戻り歩調”を取り始めた可能性はある。但し、その時にも述べたように、もう一つの指標である「原油価格」が戻っていない。むしろ、あの時よりも低下しているのだ。あの時は33ドルくらいまで上昇していたが、今は23ドルまで下降してしまった。これではとても「欧州からの投資資金」は日本株に戻らない。したがって、まだ本当に「戻った」とは言えない。少なくとも原油価格が45ドルくらいになるまでは無理なのだ。ただドル円相場は間違いなく“円安転換”した。これが救いで「日経平均」はまだ“底を打った(16000円付近)”と言い切れないが、とりあえず、いったん上昇する可能性は高い。つまり、日本の“経済”はいったん大きく落ち込むが、意外と立ち直りは他の国よりも早い可能性があるということだ。日本に対して「悲観論」が充満しているが、実際、感染者の数にしても、日本は意外なほど少ないままなのだ。日本の場合は「年内終結」のメドが立ちそうな雲行きに変わりつつある。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.