今日の迷言・余言・禁言

「年内終結」のメドが立ったコロナショック⁉

私は以前から「株価」が“時代”を先行する、と述べてきた。これは別に“私が述べた”というより“歴史的にそうなっている”ということだ。そこで“時代”の少し先を知るためには「株価の動き」を観れば良い、ということになる。もう少しだけ先を読むためには、株価の動きを予測すれば良い、ということになる。そこで、世界の“株”の中心的存在であるニューヨークの株価が重要になる。このところは連日下げ続けていて、一見すると、終わりがないように見える。けれども、よくよく“長期のグラフ”から推測すると、大体「ダウ」は18000ドル付近で“下げ止まる”ことが予測される。つまり、あと、もう少し(600ドル程度)なのだ。今日もそのくらい下がっているので、もしかしたら明日そこに到達するかもしれないし、明後日かもしれない。少なくとも、今週中には到達する、と私には観ている。そうすると、ひとまず「株価」は下げ止まり、そして一気に急上昇する。下げ方が一気なので、上昇する時にも途中までは一気なはずなのだ。さて、日本の方はどうなのかというと、これが実は既に“その兆し”が見えてきた。昨日、久しぶりに「日経平均」は300円以上も値上がりした。アメリカは“下げて”戻って来たのに、日本の株は値上がりしたのだ。なぜなのかというと、ドル円相場で“円安”となり、日本の株には有利に働いているからだ。以前、私はこのことについて指摘した。一気に“円安方向”に転換したから、日本の経済は世界に“先立って”戻っていく可能性があると…。この私の予告通りに「日経平均」が“戻り歩調”を取り始めた可能性はある。但し、その時にも述べたように、もう一つの指標である「原油価格」が戻っていない。むしろ、あの時よりも低下しているのだ。あの時は33ドルくらいまで上昇していたが、今は23ドルまで下降してしまった。これではとても「欧州からの投資資金」は日本株に戻らない。したがって、まだ本当に「戻った」とは言えない。少なくとも原油価格が45ドルくらいになるまでは無理なのだ。ただドル円相場は間違いなく“円安転換”した。これが救いで「日経平均」はまだ“底を打った(16000円付近)”と言い切れないが、とりあえず、いったん上昇する可能性は高い。つまり、日本の“経済”はいったん大きく落ち込むが、意外と立ち直りは他の国よりも早い可能性があるということだ。日本に対して「悲観論」が充満しているが、実際、感染者の数にしても、日本は意外なほど少ないままなのだ。日本の場合は「年内終結」のメドが立ちそうな雲行きに変わりつつある。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.