今日の迷言・余言・禁言

「家庭運」が良いか悪いか判らない男

世の中には運命学的に“評価しにくい人物”というのがいる。タレントで歌手の清水国明氏も、そういう一人だ。雑誌で4度目の結婚がスクープされたらしい。“4度目の結婚”それだけでも、日本人の場合には珍しい。しかも、今回のお相手は25歳年下の一般女性で、すでに妊娠中だ。最初の結婚は1976年に行い、6年後に離婚。2回目の結婚は1984年に行い、3人の子供が居たのに19年後に離婚。3回目の結婚は2007年に行い、息子も産れたのに8年後に離婚。そして今回4回目の結婚は2018年3月に入籍、再び妊娠中だ。おめでたい…のかな、やっぱり。“結婚”も“離婚”も、エネルギーのいるもので、そういう点で言うと清水国明氏は“エネルギッシュな人生”ということになる。元々この人はフォークシンガーだが、自ら「支離滅裂フォーク」というように、世の中に“何かを訴えたい”というよりも、“気楽に生きようよ”と呼びかけるような内容の歌ばかりだった。2005年には「清水国明の森と湖の楽園」というアウトドアビジネスを立ち上げ、文字通り“自由な生き方”のお手本を指し示すような野外教育を子供たちに教えていた。しかも、そこで示されたのはアウトドア型の「理想の家庭」で、個人としての“生き方”ではなかった。それがいつの間にか、その時の“家庭・家族”ではなくなっていたのだ。彼に“見習った家族”たちはどうなってしまったのか、ちょっと気になる。やはり彼は「支離滅裂フォーク」と同じように、世の中に“広めていく”というよりは、こういう“破天荒な生き方”も良いんじゃない、という“気楽な生き方”の指南者なのだ。その時、その時の“勢い”というか、“衝動”というか、夢とロマンを死ぬまで“追い続ける男”なのかもしれない。占い師でも、同じように“結婚”と“離婚”を繰り返している人物もいる。そういう占い師は、時として同じような“生き方”へと無意識に導いていることがあるから、注意しなければならない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.