今日の迷言・余言・禁言

「子供のために…」は“逆効果”になる

5月16日に“妻への暴行”容疑で逮捕されたタレントのボビー・オロゴン氏が、起訴に持ち込まれることなく釈放となった。本人は否定しているらしいが、子供達の証言から実際に暴力をふるったのは間違いないだろう。もっとも“傷害の診断”が出るほどの怪我もなく、DVとしては比較的“軽いもの”とみなすことも出来る。一応、夫婦間の出来事であるから、今回のことだけですべてを決めつけることは出来ないが、夫人の玄関前インタビューによれば「永年ずっと我慢してきた」と話していて、ガスを止められるとか、家を出て行けとか、離婚用紙に判を押せとかの話もあるらしく、ただ単なる一時の感情ではない印象が強い。夫婦間で“DV問題”がある場合、往々にして被害者側が「子供のため我慢している」というケースが多い。多くの場合、離婚が成立すれば、妻側が子育てをする形になるので、十分な養育費など得られそうにない場合は「離婚を我慢する」ということになりやすい。けれども、そうすることでほとんどの場合DVは継続するし、子供達には“夫婦間の悪い印象”だけが記憶に残る。幼い子供の場合、両親の間で行われるDVの目撃は或る種のトラウマになる。そういう場合には早期に弁護士の元を訪れた方が良い。子供のためだけに我慢するのは逆で、子供のために良くないのだ。この場合、DV被害者が口にしがちなのは、加害者側の“豹変”である。「昔はあんな人ではなかった」とか「子供達には優しいので…」とか「お酒を飲まなければ…」とか「お金のことさえなければ…」とか「私が口答えしなければ良いんですが…」とか「朝帰りを責めると…」とか…どこかで加害者を擁護しがちな点が見受けられる。占いの相談者の場合には、最終的に「出来れば離婚せず、やっていきたい」というケースが多い。「運命的には同じことの繰り返しになりそうなので…」と離婚の方を奨めても、納得してくれない女性が多い。そういう場合、私は必ず「今でも愛情はあるのですか?」と訊く。そうすると、ほとんどの場合「わからないです」と答える。おそらくは「愛・憎」が一体化してしまっている。こういう場合、情愛の強い人はなかなか別れない。少なくとも「子供達の犠牲になる」という考え方は、正しいとは言えないのだが…。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.